元千代の富士(九重親方)の死因はすい臓がん?若すぎる死に横綱短命説浮上

2016/08/01

chiyonofuji

本日(7月31日)に訃報が飛び込んできました。

第58代横綱である元千代の富士(九重親方)が61歳の若さで亡くなった、とのこと。
あまりにも突然の死と、61歳という若すぎる年齢から驚きの声が上がっています。

正直、僕は千代の富士世代ではないのですが、あの相撲取りらしからぬイケメンな感じと、自信満々な雰囲気が大好きでした。
ちょっと前にテレビで見た時にはお元気そうだったと思ったのですが、千代の富士(九重親方)さんに一体何があったのでしょう?

今回は、千代の富士さんの追悼の意も込めて、過去の経歴などを含め、死因などにも迫っていきたいと思います(現時点で死因は公表されていません)。

また、61歳という早すぎる死に感して、ネットでは「横綱短命説」が浮上しています。
その噂の真相も解明していきます。

ということで、早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

 

千代の富士さんの死因はすい臓がんで間違いない?

現時点(7月31日)時点では、千代の富士さんの死因は公表されていません。
ですが、「おそらくすい臓がんではないか?」との声が上がっています。

その理由について調べてみました。

去年、すい臓がんの手術を受けていた

昨年(2015年)早期の膵臓(すいぞう)がんの手術を受けていたことを9月に公表しています。
去年の名古屋場所を休場していたため、その年の6月か7月ころに手術を受けていたのではないか、と言われています。

当時のニュースでは早期というのはステージⅡだったと報道されていました。
ステージⅡで手術が受けられたので、誰しもが完治したと思っていました。

しかし、どうやらそうではなかった。

死亡率の高いすい臓がん

ちょっとすい臓がんについて調べてみたのですが、どうやらすい臓がんの死亡率は高いらしい。
例え早期発見できたとしても、結構な確率で死亡すると言われています。

今回の千代の富士さんの場合は、早期の部類に入るステージⅡでの発見だったようですが、その5年以内の生存率は、なんと44%。

どうやらリンパや他の部位に転移しやすいのがすい臓がんの特徴のようです。

坂東三津五郎さんも早期発見で帰らぬ人に

歌舞伎俳優で有名な坂東三津五郎も、2013年7月にすい臓がんが発見され、手術したにもかかわらず、2015年2月21日に亡くなっています。
59歳という若さでした。

その時も早期発見と言われていたのに、2年も持たずに他界してしまっています。
それほど、すい臓がんというのは怖い病気なんですね。

今回の死因もすい臓がんがきっかけか?

なので、今回の千代の富士さんの直接の死因はわかりませんが、少なくともそのすい臓がんの影響であることは間違いなさそうです。

ひょっとしたら、すい臓がんが再発したのか、もしくは他への転移した癌が原因か・・・。

いずれにせよ61歳は早すぎますね。

 

千代の富士の経歴(プロフィール)をまとめてみた

ここで、一回千代の富士さんの経歴をまとめてみます。
僕は、千代の富士世代というよりも、その後を受け継いだ貴乃花世代。

なので、いまいち僕も千代の富士さんの実績などを分かっていないので、今回調べてみました。
かなりザックリな経歴ですが、どうぞ。

基本情報

【四股名】千代の富士 貢
【本名】秋元 貢
【愛称】ウルフ・大将・ゴリラ・小さな巨人・小さな大横綱
【生年月日】1955年6月1日(61歳)
【出身】北海道松前郡福島町
【身長】183cm
【体重】126kg
(Wikipediaより参照)

身長も体重も、横綱にしてはかなり小さいほうだったと思います。
この体格で実績を出していくのがどれだけ大変だったか。

それだけ現役時代に身体に負荷をかけていたのが、早くに亡くなってしまった原因の一つかもしれません。

家族構成

どうやら、奥さんと3人のお子さんがいるようです。

長男は剛(ごう)さん、長女は秋元優(ゆう)さん、次女は秋元梢さんで、情報によると全員がモデルをされているとのこと。

写真を見ましたが、かなりの美男美女でした。
・・・が、ここでは掲載はやめておきます。

すでに全員社会人とはいえ、もっとお父さんと接する時間は欲しかったはず。
心中お察しします。

現役時代の実績

現役時代の千代の富士さんは、相当凄かったようですね。
うちの親も大ファンだったので、こちらもザックリですが、実績をまとめます。

【最高位】第58代横綱
【生涯戦歴】1045勝437敗159休 (125場所)
【幕内戦歴】807勝253敗144休 (81場所)
【優勝】幕内最高優勝31回、幕下優勝1回
【賞】殊勲賞1回、敢闘賞1回、技能賞5回
(Wikipediaより参照)

白鵬さんがもうすぐ1000勝いくか!?と言われていますが、千代の富士さんも1000勝だったんですね。
今の所、2人しか達成していない1000勝のうちの1人が千代の富士さんです。
白鵬さんで史上3人目ですね。

千代の富士さんがそんなに凄い人だったとは驚きです。

 

横綱短命説が浮上!横綱になると60歳まで生きれない?

今回の千代の富士さんが61歳で亡くなったことで、横綱の短命説が浮上しています。

「横綱になると長生きできないのか?」その真相を調べてみました。

還暦土俵入りまで生きるのは4分の1

横綱経験者は還暦になると、還暦土俵入りというのを行う風習があります。
つまり、60歳で再度土俵に上がるんですね。

ただ、九重親方となった千代の富士さんはギリギリこの還暦土俵入りを果たすことができましたが、それ以前までは40人弱いた元横綱で、還暦土俵入りができたのは10人だったようです。

つまり、横綱経験者の40人中30人は60歳になる前に亡くなったことになります。

日本人の平均寿命が80歳を超える中、この横綱経験者の短命はすさまじいですね。

横綱短命の原因は現役中のストレス?

なぜ、それほど横綱経験者が早く亡くなるのでしょう?

その原因は「現役時代のストレスでは?」との説が有力のようです。

横綱ともなると、部屋を背負う重圧で毎場所かなりのプレッシャーがのしかかります。
勝って当然、負ければ批判、というストレスの中勝ち続けなければなりません。

当然、身体も酷使しなければならなくなるので、心身ともに疲弊していくのでしょう。
僕らには分からない世界ですが、相当な苦労だと思います。

今回亡くなった千代の富士さんも、引退会見で「体力の限界!気力も無くなり、引退することになりました」との言葉は本心からだったんでしょうね。

 

まとめ:千代の富士さんの死因について

ということで、今回は元千代の富士さん(九重親方)が亡くなったニュースを取り上げてみました。

61歳というのは、僕の親より若いのでかなりショッキングでした。
ご家族の気持ちを思うといたたまれないですね。

千代の富士さんのご冥福を心からお祈りします。

 

追記:8月1日

先ほど、千代の富士さんの娘さんである秋元梢さんが、父親の訃報についてTwitterで報告されました。

「今日、7月31日17時11分に、父が膵癌で亡くなりました」とされており、千代の富士さんの死因が膵癌(すいがん)、つまり、すい臓がんだったことを明かしました。

あまりにも早いお別れに、動揺されているとは思いますが、「父の娘に生まれて、幸せです」との一言に、千代の富士さんも嬉しいでしょうね。

 

スポンサードリンク

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-スポーツ, 芸能ニュース
-


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29