コピーライティングは誰に向けて書くべきか?困った時の「ペルソナ」のすゝめ

2016/10/06

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%ab%e3%82%bd%e3%83%8a

ブログでもセールスレターでも、誰に向けて書くかで文章のテイストや言い回しが変わってきます。
そうなると、当然成約率にも影響が出ます。

コピーライティングで「誰に向けて書くか?」は、常に悩むところだと思います。

なので、今回はコピーライティングで誰に向けて書くか悩んだ時の対処法について解説をします。

不自然な言い回し「他にいませんか?」

ネットのセールスレターでよく見かける言葉があります。

それは、

「この商品欲しい人は他にいませんか?」

というものです。

この言葉を見るたびに、気持ち悪くなって吐きそうになります。
なんでそんな言葉を選べるのか?不思議でたまらないからです。

ビジネスメールなどは当然ですが、メルマガやセールスレターではたった一人に向けてメッセージを伝えることが重要です。

誰に言っているか分からないメッセージは誰にも伝わりません。

そこに人がいて、語りかけるような文章が望ましいです。
なぜなら、読んでいる人はほとんどが一人でその文章を読んでいるからです。

そう考えると、先ほどの「この商品欲しい人は他にいませんか?」なんて言葉は絶対に出てこないんです。

不自然ですよね?

例えば、友達としゃべっていて突然「このお菓子欲しい人、他にいませんか?」なんて言ったら「・・・はぁ?」って言われて友達関係に亀裂が入ります。

ちなみに、この言い回しはアメリカで昔から使われていました。
それを日本語に直訳して使ってるんです。

Anyone Else Wanted to be a millionaire?
(他に誰か、大金持ちになりたい人はいませんか?)

やっぱりアメリカ人と日本人では感覚が違うので、英語では良くても日本語では不自然になります。

じゃあ、誰に向かって文章を書けばいいのか?

じゃあ、どうすればいいかというと、基本的には、具体的な見込み客をイメージして設定します。

例えば、このような感じで設定します。

性別:男性
年齢:30代前半
家族:奥さん、子供2人
仕事:サラリーマンで毎日遅くまで残業
趣味:音楽鑑賞、温泉旅行

ここまで細かく設定すれば、響くコピーライティングになると思います。

コピーライティングでの「ペルソナ」のすゝめ

ただ、なかなかそこまで見込み客をイメージするのは難しいと思います。
そんな時、僕のオススメは自分の大切な人を設定することです。

・奥さん
・子供
・両親
・親友

この辺りを設定していれば、おかしな文章にはならないはずです。少なくとも、先ほどの「他に誰か〜」もそうですし、過剰な売り込みもしないはずです。

ちなみに、このように具体的な相手を設定することをマーケティング用語で「ペルソナ」と言います。

自分の親に向かって、「あと3時間で値上げです」なんて言わないですよね?
自分の親にも子供にも、なんなら数100年後の自分の子孫にも見せて恥ずかしくない文章を書くべきです。

まとめ:コピーライティングで重要な「ペルソナ」

ということで、この記事では「相手を具体的に設定する方法」について解説をしてきました。

相手が明確になれば、メッセージも具体的になってくるので伝わりやすくなります。ぜひ意識してください。

現代広告の心理技術

追伸:おすすめのコピーライティングの書籍を紹介

「コピーライティングでお勧めの教材はありますか?」

たまに、読者の方からこんな質問を頂きます。

世の中にはコピーライティングの情報商材や書籍が沢山出ています。
ただ、そのほとんどは内容を理解できるけど、実用的で無かったりします。

そんな中、僕が質問を受けた時にお勧めしているのがこの書籍です。

%e7%8f%be%e4%bb%a3%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%81%ae%e5%bf%83%e7%90%86%e6%8a%80%e8%a1%93

「現代広告の心理技術101」の詳細はコチラ

例えば「ブログやセールスレターで、背景を黒、文字を白にしてはいけない理由は?」といった細かいテクニックなどが盛りだくさんです。

書籍にしてはお高いですが、90日間の返金保障も付いてますので、下手な情報商材を買うくらいならこの書籍をお勧めしています。
(ちなみに、この書籍ですがリンク先のダイレクト出版からしか販売していません。Amazonとかでは買えませんのであしからず)

アドセンス

 


スポンサードリンク

-コピーライティング
-


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29