60時間の断食ダイエットを決行!そのやり方と想像以上の効果とは?

2016/10/11

diet

「断食ダイエット」や「ファスティング」っていうのが流行っていることは知っていました。
ただ、正直自分には関係ないと思っていたのですが、今回なぜか「断食ダイエット」をすることになってしまいました。

「なぜか」と書きましたが明確な理由は1つあって、それは「太ったから」です。
それはもう、大幅に・・・。
結婚前と較べても軽く5キロ以上は太ったので、奥さんからは「結婚詐欺だ」とも罵られています。

そんな僕が、どのように断食ダイエットを決意し、どのような方法で、どのくらいの効果があったのかを記録として書いていきたいと思います。
もしこれから「断食ダイエット」や「ファスティング」などをやる方の参考になれば幸いです。

※僕はほぼ独学で断食ダイエットを行いましたが、専門知識のある方の指導のもと行うことをお勧めします。実際にやってみて、結構危険を伴う感覚は理解できたので。

断食ダイエットのきっかけは、娘の七五三

まず、断食を始めた理由なんですが、基本的には思いつき意外の何者でもありません。
ただ、きっかけとしては「10月に長女の七五三の撮影があるから痩せろ」との奥さんからのプレッシャーがキツくなってきたことです。

秋に入って俄然食べ物が美味しくなってきて、体重は増加する一方でした。
確かにこの醜態のまま、娘の晴れ舞台の写真に残るのはいかがなものかと考え、断食を決行することにしました。

  • 年齢:35歳
  • 身長:179cm
  • 体重:87.8kg
  • 普段の運動:人並みに歩く程度

これが僕のスペックです。
完全にメタボな数値ですが、元来ゴリラ体系(顔も)のためぱっと見には「ゴツい」としか思われませんが、服を脱いだら酷い有様だったりします。

目標は「断食を2日以上続け、2キロ以上痩せる」としました。

まずは断食の方法をGoogle先生に聞いてみた

今まで断食ダイエットなんて経験なかったため、まずは「断食ダイエット 方法」でGoogle先生にお伺いしてみました。
やっぱりこんな時はGoogle先生が心の拠り所となります。

基本的には以下に注意すれば問題なさそうとのこと。

  • 本格的な断食の前日から、予備断食を実施し体をならす。
    (予備断食では食事の量を半分ほどに減らす)
  • 断食中は適度に水分はとり脱水症状を避ける
  • 個人でやる場合は3日以内にした方が無難
  • 食べたくなってもとにかく我慢

とりあえず、まずは予備断食を9月21日から開始しました。
通常の食事量の半分ほどに抑えて予備断食日はなんなく過ぎ去りました。

そして、最後の晩餐を終えたのは21日の夜7時ころです。
(ちなみにメニューは僕の好きなチャプチェ)

しばらくの間、咀嚼とお別れなのでしっかりチャプチェを噛みしめました。

スポンサードリンク

断食ダイエット1日目:地獄の始まり

1日目(22日朝)の寝起きは最悪でした。
夜中に色々作業をしていたため、就寝は夜中の2時。
そして朝5時、なぜか元気いっぱいに長女が起床し当然のごとく叩き起こされました。

「アンパンマンごっこしよぉーよぉ!!」

最近異常なまでのアンパン中毒となっている長女にバイキンマンのソフビ人形をを渡されました。
空腹&寝不足状態で、朝5時から1時間バイキンマン役をこなし、すでにグロッキー状態となりました。

とは言え、家族にも断食開始を高らかに宣言している以上、今更やめるとも言えず朝食は水一杯で終了です。
会社は休みなので(3連休にしました)、副業用のワーキングスペースへ出掛けることに。

・・・全く集中できない。

空腹と寝不足とバイキンマン疲れで全く集中できません。
まぁ当然といえば当然ですが、段々と気持ち悪くなってきたので、午後3時には帰宅してとりあえず寝ることに。

小一時間寝て、少しスッキリするもやはり空腹感は半端じゃなく、家族は夜ご飯を食べ出しました。
自分だけ食べれないという状況は、何か悪いことをしてお預けをくらっている様で、かなり惨めな気持ちになりました。

しかも、下の子は自分で食べれないので、僕が口に運ばなければならず、これもまた辛い・・・。

「うまそうに食いやがって・・」と逆恨みしてもニコニコしているだけなので、心を無にしてご飯をお口へ運び続けました。

「なんでこんな辛い思いをしているんだっけ」と疑問が頭をよぎりましたが、完全に自分で決めたことなので誰も責めるわけにもいかず。
悶々として1日目の夕食を乗り切りました。

夕食後は「とにかくもう寝るしかない」と思い、子供を寝かしつけながら、「無事に明日が迎えられます様に」と祈りながら21時に就寝しました。

断食ダイエット2日目:解脱の感覚

断食ダイエットを開始してから2日目の朝。
起きるとなぜか

「あれ?何かスッキリしてる?」

と、不思議と空腹感も感じず爽快に目覚めることができました。
ネット上でも2日目の爽快感は話題となっていましたので「これかっ!」と嬉しくなりました。

この日は特に予定もなかったので、断食=デトックスだと安直に考えてスーパー銭湯へサウナに入りに行きました。
しっかり汗をかいてダイエット効果を高めようと思い、サウナと水風呂を行ったり来たりと5往復くらいしました。

これが最悪でした。

当然ですが、スッキリ目覚められたと言っても栄養は不足した状態です。
そんな状態でサウナは自殺行為。

スーパー銭湯を出る頃には、頭がボーッとして体がダルく、フラッフラになってしまっていました。
ただ、せっかくここまで断食ダイエットをやってきたので、諦めるわけにはいかず、水分だけしっかり摂って家で休憩することに。

その後は、なんとか体調を取り戻し、家族の夕飯タイムも昨日ほどはダメージがなくやり過ごすことができました。

その日も早めの就寝です。
ただ、明日でいよいよ断食ダイエットも終了かと思うと、「何を食べよう」と邪念ばかり浮かんできて中々眠れなかったです 笑

断食ダイエット3日目(最終日):悟りの境地

いよいよ最終日の朝です。
この日の朝も特に「空腹で目が覚める」といったようなこともなく、スッキリとした朝を迎えました。

もう3日目になると、あらゆることが「どーでもよく」なってきます。
家族が食事をしていようが、TVで食事のシーンが放送されようが、一切気持ちが揺るがなくなりました。

「これが悟りの境地か・・・」

とまで思いました。

ネットでも「3日目になると何も感じなくなる」といったような感想もあったのですが「そんなバカな」と正直思っていました。

でも本当でしたね。
何も感じなくなりました。
このまま10日間くらいはイケそうな自信すら湧いてきます。

ただ、次の日には会社に行かないといけなかったので、最初の断食ダイエットは3日で終了となりました。
正確には60時間、何も食べなかったことになります。

ちなみに、断食後に最初に食べたのは卵かけ御飯でした。
最高に美味しかったです。

断食ダイエットの効果

3日間の断食ダイエットを終えての効果を発表したいと思います。
今回の断食ダイエットの目標は「断食を2日以上続け、2キロ以上痩せる」というものでした。

結果としては3日間続けることが出来たので「2日以上続ける」は達成。

そして、肝心の体重は断食ダイエット開始前の87.8kgから、84.6kgまで減量していました。
つまり、3日間で3.2kgの減量に成功したことになります。

なので、こちらも目標を達成していました。

ただ、断食ダイエットはお勧めしません。

今回、3日間ガッツリ断食ダイエットをやってみましたが、やっぱりしんどかったです。
特に初日から2日目にかけては、地獄のような体験でした。

確かに3日間で3キロ以上痩せることは出来ましたが、リバウンドする気がしてしょうがない…苦笑
そして、「もう一回この断食ダイエットをやれ」と言われたら絶対に逃げ出します。

なので、正直この断食ダイエットはお勧めしません。

やるのであれば、1日1食にするプチ断食や、1色を酵素ドリンクなどに置き換えるダイエットが長続きするような気がします。

色々調べると、無理なく痩せられるこういうドリンクもあったので、次はこれを試したいと思います。

酵素数165種類の酵素ドリンク「ベルタ酵素」

まとめ:初めての断食ダイエットで分かったこと

ということで、今回断食ダイエットを実践してみましたが、いい経験が出来たと思っています。

ただ、あとはリバウンドしないように、少なくとも娘の七五三まではこの体重をキープできるように頑張りたいと思います。

これから断食ダイエットなどをやられる方、くれぐれも無理のない範囲で、正しい知識をつけた上で実践しましょう。

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-ダイエット, 健康・美容
-


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29