サラリーマンの副業でおすすめは?ネットで稼ぐ方法をランキング発表

2016/10/10

hukugyo-ranking

これからの時代はどんどんサラリーマンの立場は弱くなってきます。

「なんだ突然!?俺サラリーマンだけどケンカ売ってんのか!」

と思われた方、大丈夫です。僕もサラリーマンなので 笑。

ただ、『会社に勤めているから安心』といった時代はとっくに終わっていてることは事実なので、最後まで読んで頂ければその意味と対策がわかりますのでお付き合いください。

ということで、今回はサラリーマンが生き残るための『副業』という選択肢について解説をしていきます。

サラリーマンのライバルは「海外労働力」と「人工知能ロボット」?

正直、これからのサラリーマンは「海外からの安い労働力」「人工知能ロボット」を相手に戦わなければなりません。

どういうことか?1つずつ解説をしていきます。

海外からの安い労働力

これからは、グローバル化によって海外から安い労働力がガンガン入ってきます。
ですので、誰でもできるような単純作業はそちらに奪われます。

だって、文句ばかり言って権利ばかり主張して全然働かないのに給料の高い日本人より、素直で真面目で給料の安い東南アジア系の人だったら、経営者としてどちらを雇いたいですか?
当然、真面目で安い方を選ぶと思います。

実際、最近コンビニや牛丼チェーン店のアルバイトで、東南アジア系の人が増えてきています。
グローバル化の波は僕らが実感できるところまで押し寄せています。

人工知能ロボット

さらに、人工知能の開発が進めば単純作業だけでなく、職人技やコツなどが必要であった作業などもすべてロボットが行えるようになります。
文句ばかりで休みたがる給料の高い日本人より、全く文句も言わずに24時間働くロボットだったらどちらを雇いたいですか?
こちらも当然、文句の言わないロボットが選ばれるはずです。

自動車メーカーは現在こぞって自動運転システムを開発しています。
10年以内には全自動車の1割以上が自動運転車に置き換わるとも言われています。

そうなるとどうなるか?
当然、タクシーやバスの運転手は不要になってきます。
すべて自動運転の自動車があれば事足りるから。

そんな感じで、人工知能ロボットや自動運転といった人間がロボットに置き換わる時代はすぐそこまで来ています。

なので、僕らは本当に近い将来、格安の海外の労働力と、文句も言わず24時間働くロボットから仕事を勝ち取らなければなりません。

サラリーマン総『副業』時代へ突入

どうでしょう。
暗い未来しか見えなくないですか?笑

だからこそ、僕は今のうちから『個人で稼ぐ力』を身につけるべきだと思っています。
会社に頼らずに生きていけるスキルを、会社にいられる内に身につけるんです。

そのために、サラリーマンは全員副業をするべきだと思っています。

僕はサラリーマンをしながら、副業として色々なことをしています。
副業といっても色々ありますが、最近では主にネットビジネスをしています。
以前はそれ以外にも出張整体なんかもやっていました。

ただ、やっぱりサラリーマンとなると、かなり時間は限られます。
僕の経験上は在宅で出来るネットビジネスは最強かなと。

なので、今回の記事は副業=ネットビジネスという形でお話をさせて頂きます。

どれだけ頑張っても報われないサラリーマン稼業

と、副業の話の前に、ちょっと僕の会社の話をさせて下さい。

僕の会社は自動車関係の部品を設計・製造しています。
昔からある会社ですし、規模もそれなりに大きいので体質がま〜古い・・・。

今だに学歴で新卒採用してますし、多少改善はされて来ましたが、個人の能力よりも年功序列や学歴で出世していくシステムは根強く残っています。

どれだけ優秀で、どれだけ会社に貢献しようが、高卒だと係長までしか昇進できません。
逆に全く仕事が出来ないのに、学歴があるからという理由だけで昇進していきます。
マジで恐ろしい。

どれだけ頑張っても報われません。
でも、不満があろうが、それがサラリーマンの現実だからしょうがないんですよね。

上司の目が死んでいる・・・それがあなたの未来

さらに昇進した上司を見ていると、役員からのプレッシャーや部下からの不満で、いわゆる板挟み状態になっています。
もう、目が死んだ魚のようになってるんですね。

それを見て、「あ〜、あれが俺の未来か・・・」と毎日悲観的になったりしています。

だったら昇進なんてしなくていい。
だって給料なんてほとんど変わらないのに、責任ばかり増えるなんて割に合わない。

・・・と思いつつ、体質の古い会社は一定の年齢を迎えれば、よっぽどのことがない限り昇進してしまうのでした。

副業という逃げ道

今まで説明してきたのは、会社に依存することの危険性です。
会社が潰れるかもしれないし、外的要因でサラリーマンとしていつまでも活躍できるとは限らない。

それ以外にも、サラリーマンとして働いていると「会社での上司との人間関係が・・・」とか「仕事のプレッシャーが・・・」といった悩みや不満は誰にでもあるものです。

ちなみに、ちょっとヘビーな余談を。
2015年の日本の自殺者の人数って知ってますか?・・・なんと2万4千人を超えています。

その中でも、年代別に見ると働き盛りの30代〜50代の自殺者の割合が多いんですね。(下図参照)

zisatu

 

個人的に自殺は絶対にしてはいけないと思っていますが、気持ちは分からなくはありません。
僕も会社の仕事でのプレッシャーに耐え切れず、自殺とまではいきませんが、逃げ出したい気持ちになったことは何度もあります。

ただ、逃げ出したところで、他に依存できる場所がなければ追い詰められるだけです。
その結果、自殺という選択をしてしまう。

だったら、会社で働いているうちに『逃げ道』を確保しましょう
追い詰められた時に会社から脱出しても生きてける術を身につけましょう。

そのスキルを養うために行うのが副業です。

当然、「今お金が欲しい!」という切実な人も副業をやるべきですが、「別に今困っていない」という人も、来るべき時に備えて副業をしておくのをお勧めします。
会社以外の副業で、月に数万円でも稼げていれば、相当心に余裕ができます。

「会社辞めても、これで食っていける」という明るい未来が見えてきます。
なので、逃げ道を確保するという意味でも、サラリーマンの方には是非副業をおすすめしたいです。

時間のないサラリーマンが在宅で稼ぐ副業するなら・・・

前段が超絶長くなりましが、やっと本題に入っていきます。

最初の方にもお伝えしましたが、やはり副業をやる上でネックになってくるのが、『時間の制約』『場所の制約』です。

サラリーマンの副業を阻む『時間の制約』

僕の場合は大体平均1日2時間ほどは残業をしています。
以前はバカみたいに毎日残業を5〜6時間して、家に帰るのは夜中の1時とかいうこともありましが、もう止めました。
そんなことをするよりも、副業に時間を使ったほうが有意義だし、今後のためにもなる。

で、大体今は帰るのが19時くらいですね。
これを読んでくれているあなたがどのくらい会社に拘束されているかは分かりませんが、大体このくらいが一般的でしょうか。

そうなると、そこからご飯を食べて、お風呂に入って、ちょっとテレビを観て・・・となると、あっという間に22時くらいになってしまいます(僕はテレビは観ませんが)。

ここからどれだけ頑張って副業ができるか?

基本的にサラリーマンは時間がありません。
なので、いかに自分に厳しく時間をとっていくかが副業で稼ぐために必須条件になってきます。

ちなみに僕の場合はそこから夜中の2、3時まで作業します。
「いやいや、冗談だろ?」と思われるかもしれませんが、本当です。

こちらの記事でも書きましたが、作業時間を確保するために短時間睡眠を実践しています。

睡眠は3時間で十分!短時間睡眠ですっきり疲れを取るコツとは?

このくらいやらないと稼げない、というわけではないですが、僕の場合はある意味副業が趣味のようになっているので苦ではないんですね。

日中に時間が取れないサラリーマンは夜中に時間を取るしかないんですね。
ある程度睡眠時間が削られることは覚悟しなければなりません。

まぁ、慣れますけどね。

サラリーマンの副業を阻む『場所の制約』

次に場所の制約ですが、これもサラリーマンには問題があります。

例えば、副業と言ってパッと思いつくのは居酒屋でのバイト、とかですよね?
でもこれって会社の近くでやるとバレる可能性ありますし、なにより一回帰ってからまた出掛けるのは大変すぎる。

僕の場合は居酒屋バイトの経験はないですが、整体師になりたくて出張整体をやったりしていました。もちろん副業で。

そうなると、平日は当然できないので、土日を使ってチラシを配って、予約が入ったらその人の家までベットを持って行って整体をする、という生活を半年ほど続けました。

死ぬかと思いました。

だって、平日は会社で働いて、土日は出張整体ってキツすぎますよね?
・・・といっても、自分が好きでやっていたので誰にも文句は言えませんが。

こんなことをやっていては体が持ちません。

なので、結論としては場所の制約を回避するには、在宅で出来るネットビジネスしかないっていうことなんです。

稼ぐことにコミットするのであれば、ネットビジネスを選びましょう。

今の給料にプラス5万円あったら何に使います?

ネットビジネスはジャンルにもよりますが、正しい方法できちんと継続すれば、月に5万円くらいだったらほぼ確実に稼げるようになります。
例えどれだけパソコン音痴だったとしても、5万円であれば可能です。

これが50万円とか100万円となると話はべつですが・・・。

もし、あなたが今の会社からの給料にプラス5万円あったら何に使いますか?

家族で外食に行きますか?
ゴルフとか釣りとかの趣味に使いますか?
家や車のローンに当てますか?
子供におもちゃを買ってあげますか?
それとも貯金しますか?

毎月5万円が給料とは別に自分の銀行口座に振り込まれると、普段我慢していたことが出来るようになります。
これって結構重要で、何のために副業やって稼ぐか?という目的を明確にしておいてほうがいいです。
そうしないと、副業をやっていることに満足してしまって目的を見失います。

あくまでも副業をやるのはお金を稼ぐためであって、暇つぶしでやる訳ではありません。
ですので、稼いだ先の未来は常に意識してモチベーションを保つための糧にしましょう。

では、いよいよ僕のおすすめする副業で稼げるネットビジネスランキングを紹介します。

と言うと、こんな声が聞こえてきそうです。

「ちょっと待て。その前にお前の実績は?」

・・・ですよね 笑

僕が副業でネットビジネスをやりだしたのが、確か2012年の11月頃だったと思います。
その頃は超円高の煽りもあって、輸入転売が大流行していました。
アメリカやヨーロッパから商品を仕入れて、日本のアマゾンやヤフオクで販売して価格差を取るという手法です。

その流行に乗っかって、僕も輸入転売を始めてナンダカンダ苦労をしながらも、半年ほどで月収30万円くらいは稼げるようになりました。

ちなみに、当時のアマゾンの売り上げはこんな感じでした。

amazon実績3

 

利益率が大体25%くらいだったので、利益としては30万円くらいですね。
ただ、このくらいの売り上げになってくると、お客からの問い合わせやクレームが頻繁に入ってくるんですね。
梱包や発送は全て外注化していたんですが、流石に顧客対応までは外注化できずに、会社のトイレからお詫びおメールを打ったりしていました 笑。

なので、なんとかもう少し作業効率の良いネットビジネスを模索しました。

そこで出会ったのがトレンドアフィリエイトという手法です。
確か2014年の6月ごろだったと記憶しています。
このトレンドアフィリエイトというのは、例えば芸能人の熱愛ネタや不倫ネタから事件ネタまで、その時に旬なキーワードでブログ記事を書いてアクセスを集める手法です。

基本的にブログを更新するだけなので、仕入れや梱包などの作業が不要です。
このトレンドアフィリエイトでも半年ほど実践して、大体月収30万円くらいまではいきました。

当時の楽天アフィリエイトからの報酬はこんな感じです。

rakutenzisseki

 

これ以外にもGoogleアドセンス広告の収入などもあったので、多い時で月収30万円くらいですね。
(アドセンスの報酬は開示できないらしいです)

で、さらにこの実績をもとに2015年の末くらいから情報発信(メルマガアフィリエイト)を開始して、今までで50万円ほどの報酬を上げています。

infotop

 

と、こんな感じが今までの僕の実績です。
結構飽きっぽい性格なのと、あまりお金に執着がないので、ある程度実績が出たら他のジャンルに行ってしまっていました。
なので「月収300万円達成しました!」とかといった、華々しい実績ではないですが、サラリーマンをやりながらの副業としては、まぁまぁ頑張っている方ではないでしょうか(自分で言ってみる)。

ネットで稼ぐおすすすめ副業ランキング

さて、お待たせしました。ようやく本題です。

これまで説明してきたように、これからのサラリーマンにとって副業で個人で稼ぐスキルを身につけることは必須です。
なので、今回のおすすめ副業ランキングは「サラリーマンが」という条件を前提としてランキング付けしました。

今まで、物販・アフィリエイト・情報発信というネットビジネス全般で実績を出してきた僕のランキングですので、自分で言うのも何ですが、かなり参考になると思います。
もちろん、理由とともにランキングを紹介していきます。

それでは早速行ってみましょう(もはや早速ではなくなりましたが・・・)。

 

第1位:ブログアフィリエイト

僕が副業でネットビジネスをやってきた中で、ランキングを付けるとなったら断トツで1位になるのがブログアフィリエイトです。
あえてトレンドアフィリエイトと書かなかったのは、別にトレンドだろうが長期型だろうが、本質は同じだからです。

結局は検索者の需要のあるキーワードを見つけて、その人たちに価値のある記事を書いて報酬を得る。
これはネットで稼ぐための基本中の基本です。

僕はネットで稼ぐためには『文章』に拘るべきだと思います。
人は動画や画像でモノは買いません。参考にはするかもしれませんが、最終的には『文章』の力で購入を決断します。

このスキルが身につけば、YouTubeだろうが物販だろうがTwitterだろうが、何にでも応用をきかせることができます。
だから、この文章スキルをとことん磨くためにも、ブログアフィリエイトをお勧めします。

さらに、ブログアフィリエイトは僕の実績の所でも書きましたが、仕入れや梱包などの面倒な作業が不要です。
つまり、記事さえ書いてウェブ上にアップしておけば、半永久的に記事が稼ぎ続けてくれます(キーワードにもよりますが)。

忙しいサラリーマンにとって、勝手に報酬が発生することほどありがたいものはありません。

ただ、あえてこのブログアフィリエイトのデメリットをお伝えするとしたら、やはりそれなりの文章力を身につけるには時間が必要だ、ということです。
世の中には価値のないブログ記事が蔓延しています。
そんな記事では長期的に稼ぐとことはできます。

なので、それなりの文章力は必要です。
ただ、どうしても文章が書けない人でも外注ライターを雇って、記事を書いてもらうことも可能です。

ちなみに僕の知り合いで、一切記事を書かずに1つのブログで月収100万円達成している人もいます。

そのくらい、夢のあるブログアフィリエイトをランキングの第1位にさせて頂きました。

ちなみに、僕のお勧めするブログアフィリエイト教材はPRIDE(プライド)という教材です。

資産型のブログ構築のノウハウが体系的に学べますし、1日1記事という最小の労力で月収30万円を目指すには一番よい教材だと思います。

「PRIDE」の詳細はこちらから

 

第2位:国内転売(せどり)

第2位は、国内転売(せどり)です。

輸入転売を実践した経験上、やはり為替はかなり大きく利益に影響してきます。
良い方法に振れればいいですが、最悪の場合、為替の影響で赤字になることもあります。

これは輸入転売に限らず、一時期流行していた輸出転売も同じです。
サラリーマンの副業ですので、なるべくリスクは排除したいという思いから、輸入や輸出ではなく、国内転売を選ばさせて頂きました。

国内転売は簡単に言えば、国内で安く仕入れて、国内で高く売るのが基本です。
一般的な仕入れ先は家電量販店などの店舗しれや、ヤフオクなどのネット仕入れです。
販売先は最近ではAmazonが多いですね。

この国内転売のメリットは、少ない利益ながらも確実に稼ぐことが出来る点です。
商品の売れ行きは相場はデータとして全てチェックできるので、正しくリサーチできれば損をすることはありえません。

また、店舗仕入れであれば、会社帰りにちょっとヤマダ電機に寄って、仕入れができたりもします。
コツコツ地道にやる方にピッタリな副業と言えます。

ただ、やはり梱包や発送などの作業は必要ですので、ある程度時間が拘束されるというデメリットもあります。

やはり、効率性を考えてブログアフィリエイトに次いでランキング第2位とさせて頂きました。

ちなみに、僕のお勧めする国内転売の教材は「転売TRADER FINAL」です。

これは元サラリーマンの前村さんが、開始2ヶ月で月収100万円を達成(副業で)したノウハウを詰め込んだ国内転売教材です。
他の教材とは違い、卸し仕入れのノウハウまで公開されているので、物販で稼ぐための最初にして最強の教材だと言えます。

「転売TRADER FINAL」の詳細はこちらから

 

第3位:情報発信(メルマガアフィリエイト)

第3位はYouTubeアフィリエイトとも迷ったのですが、情報発信にさせて頂きました。

ただ、この情報発信は「よし!じゃあ明日から情報発信しよう!!」と言ってできるものではありません。
今までに紹介したブログアフィリエイトや国内転売で、ある程度実績を出した段階で始めなければなりません。

ただ、それでもやる価値があるのが情報発信です。

なぜなら、ネットビジネスの中でもっともレバレッジを効かせることが出来るからです。
レバレッジとは『テコ』という意味で、少ない労力で最大限の結果を出すことが出来ます。

情報発信は基本的にメルマガを実践し、その読者に対して情報商材などをアフィリエイトする手法が基本となります。
なので、メルマガ読者さえ集められれば、1通メールを送るだけで数十万円の利益を出すことも可能です。

ただ、やはりメルマガ読者を集めるのに時間と労力がかかってしまうのがデメリットになります。

ネットビジネスでの実績とメルマガ読者が必要という点において、ランキング第3位とさせて頂きました。

ちなみに、僕がお勧めする情報発信(メルマガアフィリエイト)の教材は「The Mail Magazine(ザ・メールマガジン)」です。

これは、メルマガアフィリエイトで6億円稼いだネットビジネス界のトップに君臨し続ける小玉歩さんが作成した教材です。

お勧めのメルマガの配信スタンドから、メルマガ読者の集め方まで、初心者でもすぐに情報発信を始められる内容になっています。
これから情報発信を始めたい方にはお勧めの教材です。

「The Mail Magazine」の詳細はこちらから

 

圏外:FX、投資

最後に番外編として『圏外』、つまり絶対に手を出してはいけない副業について解説をします。

ズバリ、FX・投資は絶対に手を出すのはやめましょう。

僕の会社の先輩でも、FXで100万円溶かした人がいます。
この『溶かす』というのは、FXや投資で使われる用語で、要するに『損をした』という意味です。

僕も一時期FXを実践していたことがあります。
30万円くらいの資金から初めたのですが、意外と簡単に10万円稼ぐことができました。
おそらくビギナーズラックだったのですが、次の日にはその利益が溶け、さらにマイナス5万円まで行きました。

FXは基本的に為替の動向を予想するものですので、仕事をしている最中に値動きがあれば、簡単に資金は溶けていきます。
これは本業でやっていても、為替を読むことは相当難しいと言います。
ましては副業の僕らが読めるはずがない。

FXや投資は資金が物を言います。
100万円溶かしても、次の日に200万円プラスになれば良いという考え方でやられるのがFXや投資です。
ですので、知識も経験も資金も無い僕らがやると、もはやビジネスではなく、ギャンブルと言った方がいいと思います。

ちょっとプラスになったからといって良い気になっていると、次瞬間には数十万円溶かしていたり・・・。

当時の僕は5万円溶かして、「これは危険だ」と目が覚めました。
これを読んでいるあなたも、絶対にFXや投資だけはやめておきましょう。

どうしてもやるのであれば、ブログアフィリエイトや国内転売で稼いだ余剰資金で運用するようにしましょう。

まとめ:サラリーマンのネット副業

ということで、長々とサラリーマンの副業についてお話ししてきました。

何度も言うように、サラリーマンが安泰な時代はとっくに終わっています。
大企業がガンガンリストラを遂行しているのを見ても明らかですよね。
僕らの会社が安泰である理由はどこにもありません。

だからこそ、副業を始めるべきです。

その副業でおすすめなのはネットビジネスで、さらにそこからおすすめのジャンルをランキング形式でお伝えしてきました。
色々な情報をお伝えして混乱したかもしれませんが、もし何かネットで稼ごうと思うのであれば、ランキング1位で紹介したブログアフィリエイトを実践しましょう。

これからの時代を生き抜くのに文章スキルは必須です。
そして、それを学べる教材でおすすめなのがPRIDEという教材です。

「PRIDE」の詳細はこちらから

是非とも参考にして、これからサラリーマンをしながら、個人で稼ぐスキルを一緒に身につけていきましょう。

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-ネットビジネス
-,


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29