男性の育児休暇取得率は日本が最低?海外の取得率との差に驚愕

2016/10/07

先日、男性の育児休暇について、このような記事を投稿しました。

育児休暇を取って分かった!男性の育休取得のメリット・デメリット

改めて冷静になって読み返すと、結構大胆なことを書いてました 笑。
感情に任せて勢いよく書いたので一方的な内容にはなっていますが、でも特に間違ったことを言ってはいないと思います。

ただ、僕の思いだけで書いており、男性の育児休暇についての一般的な現状が説明されていなかったので、補足の意味も込めてこの記事を書きたいと思います。

僕が育児休暇を取得するまでの経緯まとめ

まずは前回の記事を読んでいない方のために、ザックリと内容を振り返ってみたいと思います。
読んでいなくても、僕の育児休暇取得までの経緯は大筋は分かると思います。

僕は2人の子供を持ち、日中はサラリーマンとして働いています。
いわゆる大企業の部類に入る会社なので、結構忙しく朝早くから夜遅くまで働いていました。
奥さんは学校の先生を続けながら、家事と育児と仕事に追われています。

そんな時、奥さんがストレスと過労で体調を崩します

「ヤバい!このままだと家庭が崩壊する!!」

と直感的に危機を察知した僕は、思い切って育児休暇を取得する決意をしました。
当然ですが、男性の育児休暇取得はかなり珍しいです。
特に僕の会社のような体質が古い大企業ではかなり稀(まれ)。

とはいえ、「仕事と家庭、どっちが大事だ?」と自問したところ、何の迷いもなく答えは「家庭」となりました。

当然ですよね?
家族のために仕事をしているのであれば、『家族>仕事』となるのは当然のことです。
なので、僕は前例のないイバラの道だと分かってはいても、育児休暇取得を強引に推し進めました。

その結果、本当に育児休暇を取得して良かったと思っています。
メリットしかない。
デメリットは皆無。

なので、育児休暇を取得しようかどうか迷っている男性の皆様。
思い切って育児休暇を取りましょう!

・・・という内容が前回の記事でした。

おさらいが済んだところで、早速本題である「男性の育児休暇取得率」について解説をしていきます。

日本男性の育児休暇取得率がヤバい!

「伊藤さん、育児休暇を取るなんて本当にスゴいですね!」

こんなことを良く言われます。
前にも会社の同僚の女の子にも言われましたし、子供が通う保育園の先生からも言われました。

そう言われると、嬉しい反面、ちょっと違和感を覚えます。
何の違和感というと、「なんで皆もっと、育児休暇を取得しないんだろう?」という違和感です。

もちろん、会社の仕事があるっていうのは理解できます。
ただ、それは言い訳でしかないように思います。

そこで、日本の男性が育児休暇を取得している割合を調べてみました。

こちらは政府が公開しているデータです。

スクリーンショット 2016-06-27 21.49.17

すこし古いですが、今もそれほど変わっていないはず。

この男性の育児休暇取得率を見ると、一番最近の平成25年でなんと2.03%!
この数字は世界的に見ても最低レベルの数字です。

男性の育児休暇取得率が2.03%というと、つまり100人に2人しか育児休暇を取得していないということです(当たり前ですが 笑)。
しかも、これは僕みたいに4ヶ月とかガッツリ休んだ人だけでなく、1日でも育児休暇を取得した人も合わせた数字です。

なんと「育児休暇を取得した」とされる内の4割が1〜5日間の育児休暇の取得だったようです。

そんなの育児休暇じゃなくて、普通の休みじゃん・・・。

日本の男性が育児休暇を取りづらい理由とは?

海外の男性の育児休暇取得率に関しては後ほど解説しますが、日本の男性取得率がこれほど低い理由ってなんなんでしょう?

・・・と、問題提起してみましたが、はっきり言って理由なんて明確なんですよね。

それは、会社の雰囲気が取りづらくしてる。
これに尽きます。

僕らの世代はそれほどでもないですが、僕ら30代よりも上の世代って家庭を顧みずにひたすら会社のために働いてきた世代です。
日付が変わるまでの残業は当たり前だし、休日出勤も当たり前。

当然、子供と遊ぶ時間などなく、それよりも会社での仕事が優先されてきた時代の人たちです。
そんな人たちが会社の主要なポストにいれば、そりゃ〜育児休暇なんて取りづらいですよ。

「男性も育児休暇を取りましょう!」とか表向きは言いながら、本心は「育児休暇なんて取ったらどうなるか分かっているだろうな?」と脅すような雰囲気が流れています。

これは、恐らく僕の会社だけではなく、どこも同じなはず。
だから、男性の育児休暇取得率は2%と世界の中でも最低水準なんです。

海外男性の育児休暇取得率はコレだ!

ちなみに、日本以外、海外の男性の育児休暇取得率って気になりません?
僕は日本が予想外にこれだけ低い値だったので、「海外はどうなんだろう?」と思い調べてみました。

ただ、あまりまとまった資料が見つからなかったので主要な国だけお伝えします。
常にライバル?であるアメリカと福祉大国のスウェーデンです。

・アメリカ:20.2%
・スウェーデン:74%

このような結果でした。
アメリカは日本の10倍の取得率ですね。
やっぱり家族を大事にする国の風潮が表れた結果な気がします。

スウェーデンに関しては、もうとんでもない数字です 苦笑
やっぱりこういう福祉大国を日本も見習うべきですね。

恐らく会社にも国から厳しく言われているんでしょうね。
「男性の育児休暇取得率を上げろ!」って。

日本男性のこれからの育児休暇取得はどうなる?

これだけ海外と日本の取得率の差を見せつけられると、ちょっと悔しい気持ちになるのは僕だけでしょうか。
だから、個人的にはスウェーデンの74%までは無理としても、アメリカの20.2%には勝ちたいです。

・・・といっても、僕は政治家でも何でもないので、出来ることはないんですけどね 笑。
このブログで育児休暇の情報を流すくらいでしょうか。

僕からの提案「迷ったら取得しろ!」

ということで、今回は男性の育児休暇取得率について調べて解説してみました。

世界的に見て、日本の取得率は低いだろうな〜と予想はしていましたが、正直これほど差があるとは思いませんでした。

実際に育児休暇を取得した僕から言わせれば、迷ったら取ってみたらいいと思います。

「会社の立場が悪くなるんじゃないか?」
「昇進が遅くなるんじゃないか?」
「変な目で見られるんじゃないか?」

こんな不安があると思います。
でも、あなたが思うほど失うモノなんてなくて、得るモノが莫大であることに気づくと思います。

是非、勇気を持って育児休暇を取得してその期間だけでも全力で家族と向き合ってみてはいかがでしょうか?

ということで、今回は以上です。
最後までご覧いただきありがとうございました。

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-男の育児
-,


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29