インフルエンザにうつったかも!?症状の前兆と潜伏期間をチェック

2016/10/07

inful-senpuku

そろそろインフルエンザの季節となり、うつることを気にして完全防備をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

正直、なぜ感染してしまうのかとウイルス自体に怒りを覚える方も多いことでしょう。
さらには、うつった場合「誰がうつしたのだ」と街中で暴れまわる人間が現れるのはこの季節の風物詩となってきましたね(ならば、日本も終わりですね)。

さて、ここで疑問が出ます。
インフルエンザの感染経路は何なのでしょうか。

これを知っていなければ、予防もできませんよね。
さらに、インフルエンザがうつった時の前兆である初期症状を知っておかなければ、知らずに街へと繰り出し周囲の方に感染させてしまうという地獄絵図が完成してしまいますよね。

さらに、感染した後の潜伏期間も知っておかなければ、他の方にうつる危険性があります。

なので、今回はそんなことを防ぐためにインフルエンザの感染経路、初期症状、潜伏期間、予防接種の効果についてお話させていただきます。

それでは、早速お話を始めましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの感染経路

インフルエンザがうつる危険がある感染経路とは、何なのでしょうか?
知らず知らずに、感染してしまっているという事態は良くある話ですが、それを知っていればインフルエンザがうつるのを防ぐことが出来るのではないでしょうか。

こんな当たり前の理論に今更気づいたのは私だけではないでしょう。
なので、感染経路についてお話させていただきます。

インフルエンザの感染経路は、まず「空気感染」があります。
空気中に漂うウイルスが体内に侵入し、身体をむしばむのが「空気感染」の特徴です。

次に、「飛沫感染」があります。
これは、インフルエンザに感染した方が咳やくしゃみなどでウイルスをばらまき、そのウイルスを吸い込み感染してしまうという一番ポピュラーな感染です。
なので、インフルエンザにかかったら外に出るなと国を挙げて発言しているのです。

最後が「接触感染」です。
インフルエンザのウイルスがコップや衣服やドアノブなど人が触れやすい部分に付着し、それに触れた手で口や鼻に触れたりして感染してしまうというのが「接触感染」です。

これらの感染経路により、インフルエンザは爆発的に流行し、毎年苦しい日々を過ごす方が増えるのです。

インフルエンザにうつった時の初期症状

インフルエンザの主は感染経路からうつった時、その前兆となる初期症状はどんなものがあるのでしょうか?
これを知っていると初期行動に違いが出て、人にうつすことを避けることや治す行動を迅速にできるなどの利点が出てきます。

では、その前兆たる初期症状とはどんなものがあるのかというと、とりあえず急な高熱で生きるのが苦しくなります。
38度以上の高熱が襲いかかり、あなたを苦しめますが、これが一般的な風邪とは違う部分ですので、インフルエンザの季節にこれほどの高熱が急に出れば、速やかに病院へ行き医師の指示を仰ぎましょう。

さらに、インフルエンザは頭痛や関節痛、筋肉痛などの痛みが発症し、身体を動かすのがつらくなります。
これらの症状が出た時はインフルエンザの前兆とみなして問題ないでしょう。

インフルエンザの潜伏期間はどのくらい?

さて、ここまで話し、次に気になるのはインフルエンザはどのくらいの潜伏期間があるのかということでしょう。
恐ろしい症状が出るまで、潜伏期間は死刑執行を待つ身のような気分でしょう。

そんな潜伏期間は1日~2日ほどと言われています。
かなり短くあっという間に恐ろしい症状を引き起こすのがインフルエンザの特徴です。

長い潜伏期間でも4日~5日ほどで、さらに恐ろしいのがインフルエンザは潜伏期間中であっても人にうつる可能性があるのです。
最早、打つ手なしです。

なので、前兆である初期症状が出てきた場合、速やかに医師に助けを求めましょう。
そして、予防のためにマスクや手洗い、うがいは欠かさないようにしましょう。

インフルエンザは予防接種で防げる?

インフルエンザに対抗するには予防接種しかないとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、予防接種でインフルエンザは本当に防げるのでしょうか?

実は、予防接種で予防できるのは成人で約60%と言われています。
というか、そもそも予防接種は感染を防ぐというより、感染後の発症と重症化を抑えるというものなのです。

つまり、予防接種は感染はしますが、ウイルスに感染後、ウイルスに対抗する抗体で発症を抑え、重症化するのを避けるようにするのです。
そして、発症を抑えることも100%ではないのです。

「じゃあ、予防接種意味ないじゃん」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、しかし、感染はしますが、発症と重症化を抑える可能性がある程度ありますので、あの苦しさを知っている方はそれだけでもうれしいと感じるはずです。

高齢者などなら下手をすると死の危険がありますので、予防接種はきちんと行った方が良いかと思いますよ。

まとめ:インフルエンザの症状と潜伏期間

さて、どうでしたか?インフルエンザの感染経路で「空気感染」、「飛沫感染」、「接触感染」を知っておきこれらの対策をしておきましょう。
そして、前兆である初期症状が出れば、速やかに病院へ行きましょう。

さらに、潜伏期間、予防接種の話はあなたがインフルエンザに対抗するための良き参考となりましたか。
予防接種は発症と重症化を抑える可能性を秘めており、インフルエンザのつらさを少しでも和らげたい方にはおすすめです。

それでは、きちんとした知識を持ってインフルエンザの猛威を防ぎ、インフルエンザの季節を無事乗り切ってください。

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-b, 健康・美容, 季節ネタ・イベント
-


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29