吐き気がするほど肩こりがヒドい!枕をアレにしたら肩こりが解消した事例とは?

僕も以前はそうでしたが、会社の同僚や友人で、肩こりで悩む人って本当に多いです。

「あーー、肩がバッキバキだーー!!」って言いながらパソコンに向かい続けている同僚の姿を、毎日のように見ています 笑。

そう言う僕も、実は数年前までは、頭痛を通り越して吐き気がするほどの肩こりに悩まされていました。
もう、仕事どころじゃなくて、10分おき首をグリグリ回したり、肩をグルグル回したりしていました(相当挙動不審だったと思います)。

ただ、あることに気づいて、それを改善したところ、今ではほとんど肩こりの症状を感じることがなくなりました。

結論から言うと、その「あること」とは枕を代えただけです。

ただ、この方法は「枕を調整」というよりも「枕を違うもので代用する」という方法なので、おそらく誰でも今日から試せる方法です。

ということで、もしあなたが、以前の僕と同じように肩こりで悩んでいるのであれば、最後までご覧ください。
きっと肩こりの解消法のヒントが見つかると思います。

<スポンサードリンク>

日本人最大の悩み「肩こり」

まず、肩こりで悩んでいる人が日本でどれほど多いか知ってますか?

厚生労働省の調べでは、「健康やケガの症状で、自覚のあるもの」というアンケートで、このような結果となっています。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-23-42-20

(参照元:厚生労働省 平成25年 国民生活基礎調査の概況)

 

なんと肩こりは、男性で2位、女性では1位の症状だったんです。

それくらい、肩こりは日本人を悩ませる症状なんですね〜。

実は整体師をしていました。

僕は平日の昼間は普通に会社でサラリーマンとして働いています。

ただ、会社から帰ってからの夜の時間や、土日などの休日には「副業」として色々と働いています。

このブログもその内のひとつなのですが、そんな僕の副業経験の中で最も異色だったのが「整体師」です。

詳しくは別の記事で書こうとは思っていますが、ちゃんと学校に通って整体のテクニックと知識を身につけて、お客さんに対して施術をしていました(当然、土日だけですが)。

だから、一般の人に比べて肩こりに対する知識は深かったりします
実際に肩こりの人を施術したりもしていましたし。

・・・とはいえ、僕は医者でもなんでもないので、全てが正しいことを言っているとは限りません。
なので、この記事の内容も「へー、そんなので肩こりが解消するんだ」と参考程度にしてもらえればと思います。

肩こりのヒドい人の特徴とは?

整体師としてお客さんの身体の悩みを聞いていても、やっぱり肩こりは圧倒的に多かったです。

で、そう言う人に限って、身体の特徴として多かったのが「猫背」なんですね。

この「猫背」というのは肩こりにとっては、天敵と言ってもいいかもしれません。
そのくらい、「猫背」と「肩こり」は密接に関わっています

肩こりの原因は僧帽筋の緊張

一般的に猫背の人は肩から背中にかけての筋肉(僧帽筋)が緊張していることが多いです。

%e5%83%a7%e5%b8%bd%e7%ad%8b

(参照:http://bodymakingtips.com/)

 

この僧帽筋の緊張が、肩こりの原因だと言われています。

僧帽筋の範囲を見てもらえると分かると思いますが、「肩」というかもう「背中」全体に広がる筋肉なので、それだけ影響は大きく出てきます。

現代の肩こりの原因はPCとスマホにあり

では、なぜこの僧帽筋が緊張して肩こりを引き起こすか?というと、現代の生活習慣に寄るところが大きいです。

パソコンに向かう姿勢

というのも、多分ほとんどの人がパソコンを使っていると思います。
僕も会社では、ほぽバソコンでの仕事ですし、こうして記事を書いているのもパソコンを使っています。

思い出して欲しいのですが、パソコンを使っている時って集中してくると、ドンドン顔が画面に近くなり、頭を突き出すように作業していませんか?

僕はめちゃくちゃそうなっていて、一度同僚に指摘されたくらいです 笑。

そうなると「猫背」のような姿勢となってしまい、肩こりを誘発します。

スマホの普及でさらに肩こりが加速

さらに、パソコンに加えて、今ではほとんどの人がスマホを持っています。

そのスマホを見る姿勢も、頭が前に出る状態が続くので、これも肩こりの原因となっています。

つまり、僕の得意の絵で表すとこんな感じになります。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-23-46-08

 

というか、電車などに乗ると、みーんなこんな感じで下を向いてスマホをシュッシュやってますよね?

あれを見ると、もう全員近いうちに重度の肩こりになるんじゃないか、と老婆心ながら心配になってしまいます。

頭の重さはボーリングの玉と同じ

じゃあ、なぜ頭が前に突き出ると肩こりになるのか?というのをもう少し詳しく説明します。

ちなみに、頭の重さってどのくらいあるか知ってますか?

頭の重さは、個人差にもよりますが、大体平均して5〜7キログラムあると言われています。
これって実は、ボーリングの球でいうと10ポンドから15ポンドくらいの重さに匹敵します。

「え!?そんなに重かったの?」と思われるかもしれませんが、実は意外と重いんですね〜。
そんな重たいものを、首だけで支えているんですから、そりゃー肩も凝りますよ。

しかも、さっき説明したように、前に突き出した状態なんて、首と背中に相当な負荷が掛かっていることは容易に想像できると思います。

さっきのイメージ図でいうと、こんな感じになってるってことです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-23-46-17

 

・・・なんか、気持ち悪 笑。

 

肩こりを解消するためには枕を見直すべき

相変わらず、ダラダラと肩こりの原因について解説してきましたが、ちょっと復習すると、

  • 人間の頭はボーリングの球くらい重たくて、肩こりが起きやすい
  • PCやスマホを操作する時に頭が前に突き出しやすくなる
  • 重い頭がさらに重く感じ、首から背中への負荷が更に増大する
  • その結果、肩こりが悪化する

ということを解説してきました。

要するに、仕事中のPC作業でも、プライベートのスマホ操作でも、肩こりが悪化することしかしていないんですね。

そりゃ〜肩こりが良くなるはずはありません。

寝ている時の首の状態は?

では、いつ首や肩を休めるのか?というと、寝ている時に期待するしかありません。

ただ、僕の肩こりがひどい時には、朝起きても肩こりが解消している実感はありませんでした。というより、むしろ朝起きた時にも首や肩への違和感は半端なかった記憶があります。

で、よくよく考えたら、寝ている時にも頭が前(というか上)に突き出していたんですね。

要するに、枕が高すぎて、寝ていてもスマホを操作している状態になっていました

また僕の得意の絵で描くと、こんな感じの状態ですね。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-0-43-39

 

これでは、せっかくの肩こり解消のチャンスである睡眠時も、首や肩は緊張しっぱなしです。

だから、起きた時にも肩に違和感があったんですね。

僕は枕をアレにして肩こりが解消しました

なので、高い枕は使わないことにしてみました。
というか一回、枕なしで寝てみることにしてみました。

枕を完全に無くした時のデメリット

そうすると、最初は枕なしに違和感があったものの、数日する慣れてきて、朝起きた時にも肩や首がスッキリしていることに気づきます。

ただ、僕は仰向けに寝ることが多いのですが、当然寝返りをして横向きになることもあります。

そうなると、横向きの時にどうしても首が曲がってしまい辛いんですね。

だから、数日で枕なし生活は断念しました。

低い枕を探し求め、たどり着いた「バスタオル枕」

枕なしで、寝ている時の首や肩への負担を減らせることが分かり、寝返りしても違和感のない低い枕を探し出しました。

ただ、店などで寝てみて「イケる!」と思っても、実際に寝てみると「やっぱり何かちがう・・・」ということの連続でした。

そんな時、たまたま子供の布団代わりにしていたバスタオルを枕にしてみたんですね。

そうしたら、なんかイイ。

僕がタオル地が好きっていうのもあるんですが、それ以上に高さ調節が簡単っていうのが最高でした。
普通の枕は、買った段階で高さが決まってしまい、使ってみて「なんか違う」と思ったら買い換えるしかありませんでした。

それに対してバスタオル枕は、たたむ回数によって自由に高さを調節することができます

また、イメージ図でいうとこんな感じですね(しつこいですが 笑)。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-1-02-08

 

だから、仰向けで首の負担が軽くなり、横向きでも違和感のない高さを実現する、完全オーダーメイドの枕を作ることが出来ました。

このバスタオル枕に変えたことで(それだけではないですが)、僕の肩こりは徐々に改善していき、今ではほとんど肩こりがない状態にまでなりました。

まとめ:肩こりの原因と解消法

ということで、吐き気がするほどヒドかった肩こりを解消する方法をお伝えしました。

バスタオル枕は高さを調整しやすい、というメリット意外にもいつでも洗えて衛生的っていうメリットもあります。
特に夏場なんて枕の汚さは半端ないですから、そんな点でもオススメの方法です。

多分、バスタオルが家にない人はいないと思うので、ぜひ今夜からでも試してもらえると、すぐに効果が実感できると思います。

では、最後までご覧いただきありがとうございました。

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-健康・美容
-


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29