ドラマ「逃げ恥」最終回のネタバレ(あらすじ)と感想。みくりロス、ヒラマサロスが続出?

2016/12/21

いよいよ12月20日に話題のドラマ「逃げるは恥だが役にたつ(逃げ恥)」の最終回(第11話)が放送されます。

というか、今夜22時からの放送です。
寂しいっすね〜。

・・・と言いつつ、僕は第9話からの「にわか逃げ恥ファン」です。
ただ、そんな僕でも、すでに「みくりロス」「ヒラマサロス」となることは必至 笑。

ということで、今夜放送の「逃げ恥」最終回のネタバレを書いてみたいと思います。

現時点(放送前)での予測ネタバレと、放送後の感想ネタバレを紹介しますので、ぜひ最後まで御覧ください。

<スポンサードリンク>

前回までのあらすじをザックリと

まずは、前回(第10話)までのあらすじを復習しておきましょう。

気になるのは「みくり×ヒラマサ」カップルと「ゆりちゃん×風見」の2人。

「みくり×ヒラマサ」の前回まで状況

第9話では、平匡(ヒラマサ)さんが突然リストラを宣言されました。

みくりといい感じになってきたヒラマサさんは、なんとか今の生活を維持するために次の職を探して・・・と思ったら、なんとみくりとのディナーの店を必死で探してたんですね。

で、初めての2人のデートで人気レストランを予約できたヒラマサさんは、みくりと待ち合わせてディナーへ。

そこで、突然のプロポーズ

ただ、みくり結婚する理由を聞かれて「リストラされたから、生活を安定させるために・・・」と答えてしまうヒラマサさん。

それを聞いてショックのみくり。

というところで第10話は終わっていました。

「ゆりちゃん×風見」の前回までの状況

みくりとヒラマサさんがホンワカな雰囲気になのに対して、この「ゆりちゃん×風見」の2人は煮え切らない感じ。

風見がゆりちゃんを自分の部屋へ招待するも、結局ゆりちゃんはその雰囲気に耐えきれずに、その部屋を逃げるようにして出て行きます。

多分、この年になって恋愛をしたことがない、というのがバレるのが怖いってことなんでしょうが、見ているこっちはヤキモキしますよね 笑。

こんな感じで前回は終わっていました。

もし、前回までを見逃した方は、この動画配信サービスから無料で観れますのでチェックしておきましょう(お試し期間は無料で視聴できます)。

>>前回までの「逃げ恥」を無料でチェックする

 

漫画「逃げ恥」での最終回(ネタバレ)は?

では、原作である漫画の「逃げ恥」はどんな終わり方をしているのか?と気になる方もいると思います。

ちょっと調べてみたのですが、どうやらまだ漫画の方は完結していないようです。
最新刊で7巻までは出ている様子。

なので、最終回がどうなるかはドラマの脚本次第ってことですね〜。

で、もし漫画の「逃げ恥」が気になる方は、こちらのサイトからコミック1巻を全部無料で立ち読みできたので、チェックしてみてください。

>>漫画「逃げ恥」1巻の立ち読みはこちらから

※サイト内の検索から「逃げるは恥だが役に立つ」で検索してみてください。

 

ドラマ「逃げ恥」最終回(11話)のネタバレ(あらすじ)

まだ、放送前なので僕の予想ネタバレになりますが、おそらくここまで来てのバッドエンドはないでしょう。

なので、最終回でも紆余曲折がありながら「みくり×ヒラマサ」も「ゆりちゃん×風見」もいい感じに結ばれると思います。

ただ、最終回の題名が「夫婦を超えてゆけ」なので、「夫婦」という形式にとらわれず、別の形で結ばれるかもしれませんね。

あくまで予想ですが。

ただ、放送が終わったら絶対に「みくりロス!」「平匡ロス!」が巻き起こるんでしょうね。

 

・・・って予想ネタバレになってないくらい雑ですが 笑。

まぁ、今夜の放送を楽しみに待ちましょう。

また放送されたら、ネタバレと感想をこちらに追記したいと思いますので、そちらもお楽しみに!

<スポンサードリンク>

追記:放送後のネタバレ(あらすじ)感想

ついに最終回の放送が終わってしまいました。

いやぁ〜、面白かった。

ということで、ネタバレ内容を書いてしまいますので、もしこれから観る予定の方は、読まないことをお勧めします。

では、行ってみましょう。

雇用関係から共同経営責任者へ

プロポーズを断ってしまったみくりは、青空市の仕事をしながらもモヤモヤし続けます。

そして、共同生活の雇用関係バランスについて疑問を持ち、ヒラマサさんへその思いをぶつけます。

ここで、NHK大河ドラマ「真田丸」の演出 笑。

真田丸を見ていない人には意味不明ですが、僕はガッツリ真田丸を見ていたので、奥さんと大爆笑していました。

そんな、真田丸演出の会議でヒラマサさんは、雇用関係ではなく「共同経営責任者」制度を提案します。
つまり、共働きとして家事を分担して、お互いが家事と仕事のバランスが取れるようにするというもの。

それをみくりも受け入れて、家事を分担して生活してみることに。

家事の分担で2人に亀裂が

ただ、僕の家も共働きだからよく分かるんですが、キッチリ家事を分担しようとすると、どうしてもお互いに不都合が出てくるんですよね。

自分の分担はやって当たり前。
相手の分担がやられていないと不満に思う。

2人の場合も、掃除はしっかりやってほしいヒラマサさんと、生活できるくらいにキレイだったらそれでいいというみくりの間で亀裂が。

そういう細かいことが積み重なって、みくりの本性「小賢しさ」が顔を出してヒラマサさんにぶつかります

そして、なぜか風呂場へ逃げ込むみくり。

殻に閉じこもったみくりへヒラマサさんが

完全に殻に閉じこもってしまったみくりに対して、ヒラマサさんは思います。

「これは、以前の僕の状況だ。・・・だったら解決方法を知っている」

人との関わりを避けていたヒラマサさんの心の殻を破ってくれたのは、みくりだったので、それと同じようにヒラマサさんもみくりに本音でぶつかります。

人生は面倒なことばかりだが2人でなんとか乗り越えていきたい、と。

それを風呂場の中で聞いて、号泣するみくり。

青空市本番で2人が全力のハグ

そこから場面は青空市本番へ。
大盛況の青空市に、メンバーがぞくぞくと集まります。

そして、お手伝いするヒラマサさんにみくりが言います。

「この青空市の人たちは私の小賢しさを受け入れてくれた」

ただ、そんなみくりにヒラマサさんがこう切り返します。

「小賢しさって人を下に見ることですよね?僕は一度もみくりさんを下に見たことがないから、小賢しいなんて思ったことがないです」

それに感動したみくりは、青空市の大勢の人の前でヒラマサさんに抱きつきます。

引っ越しから新生活へ

そして、とりあえず2人で住みやすい場所へ引っ越すことを決めた2人は、今後のことについて妄想します。

  • 挙式をあげる
  • 子沢山になる
  • ヒラマサさんが主夫になる
  • 離別する

などなど。

ただ、戸籍を入れることなどにはこだわらず、2人で生活していくことは決めたようです。

最後は「火曜日のハグの日」に全力のハグをして番組は終了します。

ゆりちゃんと風見くんは?

ちなみに、ゆりちゃんと風見くんも最終的にはくっついて終わりました。

バーのマスターが青空市に風見くんを連れてきて、ゆりちゃんと引き合わせます。

そこで、お互いが「好きだ」という本音をぶつけてハッピーエンド。

なんとなく予想はしていましたが、いい感じに終わってよかったですね〜。

まとめ:「逃げ恥」の最終回を観て

この「逃げ恥」から「ムズキュン」という言葉が流行っていますが、最終回もまさに「ムズキュン」でしたね 笑。

奥さんと2人で観ていましたが、なんか知らないけど観ながら照れてきて・・・。

僕は途中から見たので、1話から観てみたいと思います。

ちなみに、こちらからお試し期間は無料で観れるので、お勧めです。

>>「逃げ恥」を無料で観るにはこちらから

では、最後までご覧頂きありがとうございました。

<スポンサードリンク>

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-マンガ・TV
-


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29