伝える文章の基本は「読者を混乱させない」。その真髄「ワンメッセージ・ワンアウトカム」とは?

会社での仕事で、上司からこんな指示をされたらどうでしょう。

「伊藤くん、とりあえずこの報告書まとめて。・・・あ、その前に明日のプレゼン資料やって。・・・・いや、その前に代わりに打ち合わせ行ってくれない?」

さすがに、ここまでヒドい上司はいないかもしれませんが(笑)、これに近い指示をしてくる上司の下で働いたことはあります。

結局、何をやればいいのか混乱しますよね?

多分、口では「了解しました!」とか言いながら、心では「全部イヤだバカ」と思っているはずです(サラリーマンの辛いところ)。

これは文章でも同じで、「アレもコレもソレも・・・」と色々書いてしまうと、サイトであれば訪問者はサイトを閉じますし、広告であれば破ってゴミ箱行きです。

そうならないために、今回は文章でのメッセージの伝え方について解説します。

<スポンサードリンク>

混乱した”脳”は「No」という

これはダジャレではなく、コピーライティングの世界では基本的な考え方として重要視されています。

要するに、人間は一度に色々と言われると、脳みそが混乱して情報を遮断します。
そして思考を停止して、全てを拒否する、ということです。

だから、混乱すると無意識的に拒否をするという意味で「混乱した”脳”は「No」という」と言われているんですね。

ワンメッセージ・ワンアウトカム

だから、会話にせよ文章にせよ、相手に何かを伝えたい場合には必ず意識するべきことがあります。

それが「ワンメッセージ・ワンアウトカム」という考え方です。

つまり、文章内は「ひとつの伝えるべきメッセージ」と、「ひとつの出口」のみを用意する、ということです。

「ひとつのメッセージ(ワンメッセージ)」とは?

ひとつのメッセージとは、「文章内で伝えたいことはひとつしか言わない」ということです。

例えばゴルフ用品を販売する場合、「このドライバーを使えば飛距離が50%伸びます」というメインのメッセージがあるのであれば、それ以外の余計なことは言わないということです。

もちろん、それに関係する開発秘話だったりとか、商品にかける思いなどは必要です。
ただ、そこから「実はこのドライバー、スライスもしずらいんですよ」とかは言わないっていうことです。

読者にとったら、「結局このドライバーの魅力ってなんだ?」って混乱してしまうので、こちらが最も伝えたいことが伝わりにくくなってしまいます。

「ひとつの出口(ワンアウトカム)」とは?

次に「ひとつの出口」についての説明です。

これは、「最終的に読者に何をして欲しいのかを明確にして、それをひとつだけ提示する」ということです。
例えば、先ほどのゴルフ用品の販売サイトの場合、最終的には読者になにをして欲しいのかを考えます。

  • ドライバーの購入ボタンを押して欲しいのか?
  • お店のメルマガへ登録して欲しいのか?
  • お店のブログへのリンクをクリックして欲しいのか?

これらから、本当にこちらがして欲しいことをひとつだけを提示します。

「ドライバーの購入はこちら、メルマガ登録はあちら、ブログをそちら・・・」と全てを入れてしまうと、これも読者を混乱させる要因となりますのでやってはいけません。

まとめ:読者を混乱させないために

ということで、今回は「読者を混乱させずに読み進めるための方法」について解説してきました。

アレコレ提示されたり指示されたりすると、誰でも混乱しますので欲張らずに「ワンメッセージ・ワンアウトカム」を意識して文章を書きましょう。

現代広告の心理技術

追伸:おすすめのコピーライティングの書籍を紹介

「コピーライティングでお勧めの教材はありますか?」

たまに、読者の方からこんな質問を頂きます。

世の中にはコピーライティングの情報商材や書籍が沢山出ています。
ただ、そのほとんどは内容を理解できるけど、実用的で無かったりします。

そんな中、僕が質問を受けた時にお勧めしているのがこの書籍です。

%e7%8f%be%e4%bb%a3%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%81%ae%e5%bf%83%e7%90%86%e6%8a%80%e8%a1%93

「現代広告の心理技術101」の詳細はコチラ

例えば「ブログやセールスレターで、背景を黒、文字を白にしてはいけない理由は?」といった細かいテクニックなどが盛りだくさんです。

書籍にしてはお高いですが、90日間の返金保障も付いてますので、下手な情報商材を買うくらいならこの書籍をお勧めしています。
(ちなみに、この書籍ですがリンク先のダイレクト出版からしか販売していません。Amazonとかでは買えませんのであしからず)

アドセンス

 


スポンサードリンク

-コピーライティング


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29