ブログ記事を大量に外注化して発見した、優秀な外注ライターを見つける5つのポイントとは?

2016/10/11

outosoucing

ブログアフィリエイトで大きく稼ぐためには、記事の外注化が必須です。

これは、僕が2年以上ブログで稼いできた経験上分かったことなので間違いないです。
ブログで稼ぐには記事の外注化が必須なのです(大事なことなので二回言いました)。

とはいえ、僕のところにもたまに相談を頂きますが、多くの方が外注化に二の足を踏んでいる状況です。
僕から言わせれば、「もったいない!」の一言なのですが、気持ちも分からなくもない。

だって、なるべく人と関わらずに作業したいですからね。
それがネットビジネスの魅力でもありますし。
知らない人とお話しなんて出来ませんよね(コミュ症か)。

ただ、ブログで稼ぐには外注化が必須なので(三回目)、今回は「外注化で失敗しないための、優秀な外注ライターの見つけ方」を紹介したいと思います。

今回お伝えするポイントを守って、ポケモンGOのように街中にウロつく(?)優秀な外注ライターをサクッとゲットしていきましょう。

今まで外注費に200万円使いました

ちなみに、僕はこれまで色々なブログを立ち上げてきました。
正確には数えていませんが、無料ブログを含めれば50個以上は作ってきました。
その中には、数十万円稼いでくれたブログもあれば、数十円しか稼げなかったブログもあります。

で、そのブログの記事のほとんどは外注さんにお願いしたものです。
僕が書いた記事なんて、その内の3%くらいでしょうか。

当然ですが外注費はかかります。
僕の場合は1記事500円以上とかでお願いしていたので、トータルすると200万円近くは使っています。
それでも、長期的にみればペイできると確信していたので、ガンガン外注費にお金を投入していました(実際にペイできましたし)。

・・・と、こう書くと焦っている人に限って「じゃあ、最初から外注さんに記事を依頼します!」となるんですよね。

ちょっと待ってくだい。
焦らない。

まずは、

自分で記事を書いてみることが大事

です。

なぜかというと、自分で書いてみないと分からないからです。
例えば、「人を惹きつけるタイトルのつけ方」とか、「読んでもらえる記事の書き方」だったり、「記事を書く時にどんなことに悩むのか」など、これらは実際に自分で書いてみないと分かりません。

当然、いきなり外注さんにお願いすることもできます。
できますが、自分で悩みながら書いてみた経験がないと、外注さんへの指示の仕方も薄っぺらいものになってしまいます。

例えば、あなたが会社で資料作成の仕事を上司からお願いされたとします。
でも、その上司から「いやぁ、俺もそういう資料作ったことないけど、◯◯みたいなイメージで作ってみてくれる?」って言われたらどうです?
まずはイラッとするでしょうし、ぼんやりとした指示なので、何をどうしていいのか分からずにしばらく悩むと思います。

それと一緒で、外注さんも経験者の方ばかりが集まるとは限りません。
初心者の方へ指示を出す時には、ある程度自分の経験も踏まえて教えてあげる必要があります。

なので、まずは自分で1ヶ月くらいは記事を書きまくってください。

そうすると、ふと気づくと思います。

「あ、こりゃ一人じゃ無理だ・・・」

って 笑。

やっぱり無理なんですよ。
自分一人で記事を量産していくのは。

特に僕のようなサラリーマンをしながら副業でブログを構築しようとしている人なんかは(ほとんどがそうだと思いますが)、時間もない中で記事を書かないといけないので、すぐに「無理だ〜」と感じると思います。

そういう状況になって、初めて外注化を検討する時期だと言えます。
先ほどは「1ヶ月くらいは記事を書きまくって」と言いましたが、ある程度記事の書き方が分かってきて「無理だ〜」という状況になったら、もっと早く外注化に踏み切ってもいいと思います。

そこは、ご自分の判断にお任せします。
ただ、少なくとも「無理だ〜」状態になるまでは頑張ってほしいと思います。

記事を外注化することのメリット

外注化に成功すると、今まで自分で記事を書いていたことが馬鹿だったんじゃないかっていうくらいに楽になります。

当然、自分で書いてきたことに無駄はないのですが、そのくらい衝撃的に楽になるということです。
完全に記事を書く時間は空くことになるので、その時間を自分にしか出来ないことへ当てることが可能となります。

例えば、キーワード選定ですね。

キーワード選定はアクセスを集めるための肝の部分です。
どれだけ良い記事を投稿しようが、キーワード選定をミスっていれば、アクセスを集めることは出来ません。

なので、記事作成の時間をガッツリこのキーワード選定に使えるのは、外注化の最大のメリットだと言えます。

自分がしっかりとライバルチェックをした上で、キーワードを外注さんに渡して記事にしてもらう。
それがベストな流れかと思います。

実は、このブログ内にも外注記事があります

当然ですが、この記事は僕(伊藤)が書いています。

ただ、この「ゴシップ・ニュース・ナビ」の全ての記事を僕が書いているかというと、そうではありません。
一部の記事は外注ライターさんに依頼して書いてもらっています。

恐らく全ての記事を読めば分かると思いますが、文体が違う記事があるはず(というか、そういう記事の方が多いかも…)。
その記事が外注ライターさんが書いてくれた記事です。

文体の違い以外にも、僕の書いた記事と、外注ライターさんの書いた記事を明確にするために、ある仕掛けもしています。
あえてここでは種明かしはしませんので、ブログ内の記事を色々と調べてみてください。
面白いと思いますよ。

こんな感じで、外注化すると当然ですが、自分だけで記事を作成する以上のスピードでブログが成長していきます。
じっくり自分だけで育てるのもいいですが、何度も言うように自分だけでは限界が来ますので、どこかで外注化の判断をしていきましょう。

ただ、ハズレの外注ライターを雇うと大変なことに

そろそろ本題に入っていきますが(前置きが長すぎる)、外注化といっても適当に外注ライターを雇うと大変なことになります。

以前、僕が雇っていた外注ライターでこんな人がいました。

30代の主婦の方なのですが、雇う前のメールのやりとりで「時間があるので、1日5記事は書けます!」とやる気満々だったんですね。
でも、それを信じて雇ったところ、全然書いてくれない・・・。
どれだけ、こちらから催促しても「すみません、今日中には・・・」と言いつつ全然提出してくれない。

最終的には1ヶ月で10記事くらいしか提出してもらえませんでした。
しかも、そのほとんどがコピペ記事という。

当然、すぐに辞めてもらったですが、そんな外注ライターに当たるとこっちも疲弊しますので、これからお伝えするポイントを押さえて外注ライターを選定しましょう。

優秀な外注ライターを見つける5つのポイント

ようやく本題ですが、先ほどお伝えしたようなダメ外注ライターは意外と多いです。
よくあるダメな外注ライターの特徴はこんな感じです。

  • 納期を守れない
  • コピペ記事を納品してくる
  • 指摘に対してふて腐れる
  • 突然連絡がとれなくなる
  • 何度言っても同じ間違いをする
  • 誤字脱字が多すぎる
  • 最初はいいけど、段々とダレてくる

こんな感じで、雇ってみてダメだった、ということは僕の周りでもよく聞きます。
こんなダメ外注ライターを雇ってしまわないために、しっかりとポイントを押さえて選定しましょう。

ということで、僕が今まで10人以上の外注ライターさんとやりとりをしてきて見えてきた、「優秀な外注ライターを見つけるポイント」を5つにまとめました。

ポイント①:優秀なライターが集うサイトを選ぶ

外注を募集するサイトは色々とあります。
「どこも同じだろ?」と思っていては痛い目にあいます(僕のように)。

正直、募集するサイトによって、外注さんの優劣はかなり左右されます。
@SOHO、クラウドワークス、シュフティ、などなど、色々な外注サイトを利用してきましたが、かなり外注さんの質に差がありました。

そんな、ハズレくじを引きつつ検証してきた僕が、お勧めするのはLANCERS(ランサーズ)という募集サイトです。

ここは、先ほど説明したように、他と比べて優秀な外注さんが多い印象があります。

しかも、これまでの実績を雇った側が☆で評価するシステムが導入されているので、大きく外すことはありません。
評価がついていない人や、評価が低い人は避ければいいんですから。

ただ、1点デメリットが。
それは、外注さんとの契約完了時に、報酬の20%をLANCERS(ランサーズ)側に支払わなければならないことです。
いわゆる手数料ですね。

20%といえば、1記事500円で募集したら、100円はLANCERS(ランサーズ)側に持って行かれるということ。
正直、ちょっと痛いですが、「優秀なライターさんを見つけるのには、これくらいはしょうがない!」と自分に言い聞かせています。
(他の募集サイトでもある程度手数料は取られますからね)

もちろん、このブログの記事を書いてくれているライターさんも、LANCERSで見つけました。
初めて外注を雇うっていう人は、最大限にリスクを減らす必要があると思いますので、そういった意味でもランサーズはお勧めです。

>LANCERS(ランサーズ)の詳細はコチラから

 

ポイント②:テスト記事でポテンシャルを見極める

これは、外注さんと契約する前に必ずやっておくべきことです。
そのライターさんがどんな記事を書くのか、分からないまま雇ってしまうと大変なことになります。

ですので、必ずテスト記事は書いてもらうようにしましょう。

僕の場合は、複数人の応募があった場合、全員に同じキーワードで記事を書いてもらって比較をしています。

例えば「ディズニーチケット コンビニ 割引」で全員に記事を書いてもらいます。
こうすることによって、どれだけ独自性の記事を書いてくれるか、面白い記事を書いてくれるかが一目瞭然となります。

ですので、テスト記事は必須でやってもらってください。
たまに、「なんでテスト記事なんて書かないといけないのですか?」という、ふざけた人も来ますが、そんな人は速攻落としてしまえばいいんです。

こちらもビジネスでやっているので、そこらへんはドライに行きましょう。

ポイント③:レスポンスの早さと正確さをチェック

テスト記事で良さそうな人が見つかったら、すぐに契約!

・・・ではなくて、ちゃんとその人のメールでの対応の仕方や、テスト記事のレスポンスの早さなどもチェックしておきましょう。

どれだけ良い記事を書いてくれたとしても、社会人的にモラルがない人、人間的に腐った人とは、付き合うだけで体力も精神力も疲弊していきます。

そんな無駄な力を使わないためにも、「今後も長期的にビジネスができる人か?」という観点で、その人を観るようにしましょう。

ポイント④:趣味や特技を聞き出す

外注ライターさんも、当然ですが人間です。

基本的に、色々な記事を書いてもらうのが理想なのですが、その人にも得意・不得意な内容のものはあるはず。
ですので、事前に得意な内容、不得意な内容を聞いておくようにしましょう。

また、「得意・不得意」という観点以外に、「趣味や特技」を聞くことも重要です。

自分では価値がないだろう、と思っていても、僕らには価値が場合があります。
例えば、以前雇っていた主婦のライターさんとSkypeで話していて、趣味を聞いたら「アニメを観ること」と言っていたんです。

それを聞いて、すぐにその人から「今流行っているアニメ」を聞き出して、そのアニメの特化型ブログを作ってもらいました。

当然ですが、僕には絶対に書けない良質な記事を書いてもらい、アクセスもかなり集めることができました。

その人にとっては価値のないことでも、こちらには価値がある。
そんあことはよくあることなので、必ず聞くようにしましょう。

ポイント⑤:最終的にはフィーリング

こんなことを言ったら元も子もないですが、やっぱり最終的に良い外注ライターさんを選ぶ時に一番大事なのはフィーリングです。

会社での仕事でもそうですよね?

「あ、なんかこの人とはうまくいかなさそう・・・」って思った人は、大体その通りになります。
逆に「この人は良い感じかも」と思った人とはうまくいくものです。

なので、その直感は大事にしましょう。

まとめ:優秀な外注ライターを見極めるポイント

ということで、長々と(ダラダラと)外注ライターさんの選ぶポイントをお伝えしてきましたが、なんとなくは分かっていただけたでしょうか?

僕は基本的に、一度仕事をお願いしたら長期的に仕事をお願いしたいタイプなので、最初の選考時にはかなり気合いを入れます。

ポイントでも書いたように、必ずテスト記事はお願いしますし、Skypeや電話でも直接お話しします。
やっぱりメールやチャットのやりとりだけでは見えてこないところも、実際に話すと理解しあえることってあると思います。

外注としてお願いするとはいえ、人と人とのコミュニケーションや信頼関係がないと、良い仕事にはなりません。
長期的にも続かないですしね。

ということで、今回お伝えしたポイントを踏まえて、あなたの素敵なパートナー(外注ライターさん)を見つける助けになれば幸いです。

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-ネットビジネス
-


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29