僕のパワハラ体験記。実際に上司から受けたパワハラ事例とその対策方法とは?

2016/10/11

Man holding and shouting at co-worker

僕はサラリーマンとして会社で働きだして、10年が経ちました。

その間、色々な上司の元で働きました。
優しい上司もいれば、厳しく指導してくれる上司もいました。

あなたがサラリーマンであれば分かると思いますが、上司によって仕事の効率だったり、やり方は大きく変わってきます。

信頼の置ける上司の元では「よし!頑張ろう!」と思えますし、クズ上司の元では「こいつの言うことなんか聞けるか!」と思ってしまいます。

で、最近部署を移動したのですが、そこの上司(部長)がぶっ飛んでいます。

噂は聞いていたのですが、まさか僕がターゲットになるとは・・・。

というのも、

その上司から毎日パワハラを受けていました。

パワハラにも色々とあって、後から解説しますが、要するに「権力を使って部下に嫌がらせすること」をパワハラと言います。

普通のパワハラは仕事上でのミスを頭ごなしに怒鳴りつけたり、絶対に出来ないような無理難題を押し付けたりというものです。
僕もそういったパワハラはこの10年で経験してきました。

ただ、最近まで僕が受けていたパワハラは、

昼飯をひたすら食べさせられる

というものでした。

どうやら、この上司は、「そいつがどのくらい食べるか?」で人間性を評価しているようです。
信じられないかもしれませんが、本当に僕が最近まで経験したことです。

おそらく、彼なりの判断基準でやっているらしいのですが、もはやパワハラ以外の何物でもありません。

「そんなの余裕じゃん。パワハラでもなんでもない」

って思いました?

いやいやいやいやいや・・・半端じゃないんです。量が。

例えば、昼休憩になって普通に僕が社員食堂でカレーを食べて帰って来るとします。
そうすると、なぜかデスクの上にこれが乗っていたりします。

  • コンビニおにぎり:3個
  • 超大盛りペヤング:1個
  • 敷島のコッペパン:4個
  • ヤマザキのみたらし団子:3本

僕が食べたカレーも加えると、イメージ的にはこのような感じです。

パワハラ飯

 

僕は体がデカイので、ある程度人よりも多く食べますが、さすがにこれは・・・。
と思い、部長を見ると「いいから食え」の一言だけ。

「ふざけんな!」っていう心の声はそっと胸にしまって(サラリーマンの弱さ)、泣きそうになりながらも、昼休みの時間全てを使って食べきりました。

なんとか、その日は乗り切ったのですが、今後の不安がドッと押し寄せてきました。

終わりの見えない絶望のパワハラ地獄

案の定、次の日も、その次の日も昼ごはん後の「パワハラ飯」は続けられました。

毎回メニューは異なって、カップ麺を3個置かれている時もあれば、弁当が5個置かれていることもあります。
(昼ごはんを食べた後に、です)

当然、僕もバカではないので、昼ごはんを極力抑えたりするのですが、それでもキツい・・・。

部長としては、「人間性を試す」と言っていますが、そんなのを通り越して単純に僕が嫌がっているのを面白がっているようにしか見えませんでした。

このパワハラ飯地獄がずっと続くのかと思うと、かなり精神的に追い込まれました。

そもそも「パワハラ」とは?

で、ここで僕は色々とパワハラについて調べてみたので、紹介します。

最近は会社もコンプライアンスを重視しているので、パワハラに関して調べれば、何かしらのヒントがあるのではないかと思って。

基本的には、パワハラは6種類の型に分類されるそうです。

パワハラの型①:身体的な攻撃

これは、単純に「暴力で身体的にダメージを負わされる」ことです。
仕事でミスをしたからといって、殴ったり蹴ったりは当然パワハラになります。

最近、このような「身体的なパワハラ」は最近は少ないと思いますが、小さな会社とかではまだまだ問題になっているようです。

ちなみに、僕はこの「身体的なパワハラ」は経験したことはありません。
見た目がゴツいので、殴られたりはしないんですよね 笑

ただ、今回の「パワハラ飯」は、身体的なダメージもあるので、この「身体的なパワハラ」の要素もあるかもしれません。

パワハラの型②:精神的な攻撃

これがパワハラの中で一番多いんではないでしょうか。

ひたすら嫌味を言われたり、仕事のプレッシャーを与え続けて精神的に追い詰めるのが、この「精神的なパワハラ」です。

僕も、これは入社依頼少なからず受けていたような気がします。
ただ、「それが仕事なんだ」と思って耐えてきたので「パワハラ」という認識はありませんでした。

ちなみに、これ以降の③〜⑥も最終的には「精神的なパワハラ」につながっていきます。

パワハラの型③:人間関係を使った攻撃

これは、自分だけ飲み会に呼ばれなかったり、話の輪に入れてもらえなかったりするものです。

要するに「仲間はずれにして攻撃するパワハラ」ですね。

かなり陰湿で、小中学生みたいですが、未だにこんなことする上司がいるんですね。

パワハラの型④:過大要求による攻撃

これは、自分の能力以上の仕事を任されて精神的に追い詰めるパワハラです。

多少の能力以上の仕事は、その人の成長につながるので問題ないとは思うのですが、明らかな過大要求は攻撃でしかありません。

これも、僕は過去に受けた気がします。
ただ、その時は若かったこともあり我武者羅に頑張った記憶があります。

今思えば「あ〜、あれパワハラだったかも」って感じですかね。

パワハラの型⑤:過小要求による攻撃

これは逆に、能力よりもかなり低いレベルの仕事しか与えられない、というパワハラです。

例えば、入社10年目なのに書類のコピーしかやらせてもらえない、とか。

これはこれで辛いですよね。
こういったのもパワハラに当たります。

パワハラの型⑥:プライバシーへの攻撃

これは、例えば「お前の嫁さん、めちゃブサイクだよな」とか、「お前、嫁の浮気が原因で離婚したらしいな」といったように、仕事以外のプライベートな内容で攻撃されるものです。

これも日常的にはあり得るパワハラですね。

上司としてはコミュニケーションのつもりで話しているかもしれませんが、本人が苦痛であればそれはパワハラになります。

考えられるパワハラ対策は3つ

そんな、色々な種類のあるパワハラですが、僕が考える対策を3つ紹介したいと思います。

上司からのパワハラので悩む方の参考になれば幸いです。

パワハラ対策①:訴える

これは別に「裁判所に訴える」とかっていうことではないです。

例えば、多くの企業には労働組合がありますよね?
その労働組合へ訴える、というか相談します。

パワハラというのは会社としてのコンプライアンス違反となるので、労働組合も相談に乗ってくれて何かしらの対応をしてくれるはずです。

もし、労働組合がない会社の場合は、パワハラを受けてる上司より、さらに上の上司に相談します。

パワハラ対策②:逃げる

ただ、「訴える」なんてことしたら、余計にパワハラが過熱したり、気まづくなる可能性もあります。
そうなったら、余計働きづらいなりますよね?

そんな時は、逃げちゃいましょう。

学校のいじめ対策などでもよく言われていますが、いじめは逃げるのが一番効果的だと言われています。

僕も経験がありますが、心療内科などに行って事情を説明すれば診断書を書いてくれます。
それを持って、会社を何ヶ月か休業するというのも対策の一つです。

もしくは、思い切って会社を辞めてしまう。
そんな上司がいる会社なんて未来は暗いので、辞めてしまうのも対策の一つです。

なんにせよ、パワハラで潰される前に逃げるのがいいです。

パワハラ対策③:戦う

最後、3つ目の対策ですが、「戦う」です。

これは単純にパワハラを仕掛けてくる上司に、真っ向から立ち向かって打ち勝つことで対策となります。

・・・とは言っても、中々そんなこと出来ませんよね?

なので、僕が試しに、その「戦う」を選択してみました。
(ドラクエみたいですが 笑)

「戦う」を選んだ結果、奇跡が・・・

パワハラをしてくる上司に対して、「戦う」を選択したところ奇跡がおきました。

なんと、1週間でパワハラがなくなったんです。

その経緯をお話しします。

平気な顔で食べつくしました

まず、僕が上司からのパワハラにどのように「戦った」かを説明します。

最初にお伝えした通り、僕が受けているパワハラは、「ひたすら食べさせられる」というものです。

そもそも、上司としては僕が苦しんで食べている顔を見て、おそらく征服感を味わっていたのではないか、と仮定しました。

「だったら、苦しい顔をしなければいいなんじゃないか?」と対策を思いつきました。

なので、その日からどれだけパワハラ飯が置かれていようが、「お、ありがとうございます!」と言って、平気な顔をして食べました。

実はめちゃくちゃキツいんですが、それを一切顔に出さずに、美味しそうに食べるんです 笑

「いじめても面白くない相手」と認識される

そうすると、どうなったかと言うと、上司がちょっと不満そうなんですね。

口には出しませんが、「もっと苦しめよ」という雰囲気をプンプン感じました。

だから、さらに量を増やされたりもしたんですが、それでも負けずに平気なふりして食べ続けました。

それを一週間続けたところ「お前は引退だ」という意味不明の一言を残して、ターゲットが僕から違う人に変わったのです。

パワハラに勝った瞬間でした。

おそらく、僕が平気な顔で食べ続けることで「いじめても面白くないな、コイツ」という認識をされ、引いていったのだと思います。

なので、対策としての「戦う」がパワハラ対策として有効であることは証明されました。

ただ、最も安全なのは「逃げる」です。

そうは言っても「そんなことできねーよ!」っていう人がほとんどだと思います。

上司に逆らったら、生きていけないのがサラリーマンですもんね。
しかも、上司に勝たなければいけません。

僕も今回はたまたま「食べる」という戦いだったから勝てましたが、仕事での過大要求などをされたら戦って勝てる自信はありません。

なので、僕がお勧めするパワハラ対策は、やっぱり「逃げる」です。

先ほども言いましたが、そんなパワハラを仕掛けてくる会社なんて、長続きはしない。

・・・っていう風に自分に言い聞かせて、自分と家族を守るためにも逃げましょう。

常に「逃げられる準備」をしておくことが大事

ただ、会社を辞めたり休業したり、となったら金銭的な問題が出てきます。
なので、まず「逃げられる状況」を作っておくことが大事です。

なので、まずは出来ることから準備をしておきましょう。

僕がやったのは、今のパワハラ会社をいつでも辞められるように、転職サイトへ登録しました。

こういった転職支援サイトに無料登録しておけば、転職情報を入ってきます。

「俺は今転職活動してるんだ!」

というのが、心に余裕を持たせてくれるので是非試してみてください。

→ 転職情報サイト「ハタラクティブ」の公式ページはこちら

まとめ:上司からパワハラを受けた時の対処法

今回は僕が実際に受けたパワハラ事例をもとに、パワハラ対策などを解説してきました。

僕はたまたま「戦う」ことでパワハラを回避できましたが、多くの人には当てはまらない対策だったかもしれません。

なので、是非まずは誰かに相談することで、自分がピンチなことをアピールしましょう。

それでもダメならその状況から、何としてでも「逃げる」こと考えましょう。

そんな上司のパワハラで、あなたが潰されるなんて理不尽すぎます。
あなたのためにも、家族のためにも。

この記事が何かの参考になれば幸いです。

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-闘え!サラリーマン
-


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29