退職願の書き方と出すタイミングは?お勧めの封筒と用紙サイズも紹介

2016/10/07

taisyokunegai

最早、この会社には用はない、そう考え退職を考えている方も多いことでしょう。
会社をやめて、新たな道、次のステップへ進みたいと思っている方は多くいらっしゃいますが、退職願の書き方が分からないという方も少なくないでしょう。

退職願の書き方が分からず、退職できないと八方ふさがりの方も多いですが、正直、退職願の書き方って分からないことって多いですよね。
理由など本当のことを書いていいのか、それとも適当にごまかすかと、お悩みのことでしょう。

というか、退職願は何のために書くのか分からないという方も多いはず。
さらには、退職願を出すタイミングはいつがいいのかという点もよく分からないことでしょう。

ドラマなどでは退職願を出してすぐやめているが、そんな感じでいいのだろうかとドラマの一場面をうのみにすれば、上司から「こいつ正気か」と心配される可能性も出てきます。
ここは、きちんとした退職願を出すタイミングを知って、上司になかなか分かっているじゃないかと思わせましょう。

さらに、退職願を書く用紙サイズとお勧めの封筒についても紹介させていただきますので、きっと、あなたの退職願は良い退職願となるはずです(そもそも退職願に良いとかあるのかについては疑問ですが)。

それでは、早速お話を始めましょう。

スポンサードリンク

そもそも退職願は何のために書くの?

まず、そもそも退職願は何のために書くのか分からない方も多いことでしょう。
退職願は会社をやめる場合、会社側から退職願書いてねと求められることが多いですが、これはあなたのために言っていることなのでしょうか?

実は、もしかすれば、あなたのために言っている場合もなくはないのですが、主な理由としては会社のために退職願を書くように求めている場合が多いです。
その理由は、いわゆる不当解雇などと言われて裁判になってしまうことを避けるためです。

そして、裁判になれば、不当解雇と主張されても、「いや、退職願書いたよね」と言って逃れることが可能であるので、会社側はきちんと退職願を書くように求めるケースが多いのです。
いわゆる、会社側が解雇したのではなく、「自分からやめるって言ったよね」という証拠になるので、退職願は書くように求められる場合が少なくないのです。

これが、退職願は何のために書くのかの一つの大きな理由でしょう。

退職願の書き方(全体の流れ)を紹介

では、退職願を書くとなった時、どう書けばいいのかと筆が止まることはよくありますよね。
なので、今回はそんな退職願の書き方の全体の流れを紹介させていただきます。

まず、用紙はなるべく縦書きで書くようにし、1行目に「退職願」と書きます。
続いて2行目に「私事、」と書きます。

そして、3行目に本文、退職したいことをお願いする文章を書きます。
ありったけの力を込めてやめてやるという思いを込めましょう。

そして、1行開けて提出する日付と所属部署名、そして自分の氏名を書きましょう。
その自分の氏名の下に、認印で捺印します。
この時、捺印はシャチハタなどの朱肉がいらないものは使ってはいけないので注意しましょう。

その後、宛名は「(株)」や「(有)」などの省略してではなく退職する会社の正式名称で書き、代表者名を明記しましょう。
この時、代表者名の氏名には「様」もしくは「殿」と書くようにしましょう。

そして、基本的にはこれらをきちんと手書きで書くことがマナーですので、面倒くさがらず、マナーを守って書きましょう。

退職する理由はどう書けばいい?事例とともに紹介

続いて、退職する理由はどう書けばいいのかとお悩みのことでしょう。
その悩みは、共通した文章で解決されます。

退職する理由を退職願に書く場合はどんな理由であれ、「一身上の都合」で大丈夫なのです。
あなたは会社に厳密な理由を話す義務はないのです。
なので、一身上の都合という言葉で全て片が付くのです。

しかし、上司になぜやめるのか聞かれることはありますよね。
その場合は、正直に言ってもいいかと思います。

例えば、妊娠や結婚でやめるのでしたら、その理由を正直に話せば問題ないでしょう。
また、親が病気などの家族の体調不良を理由にやめる場合も正直に話しても問題ないかと思います。

しかし、言いづらい理由もありますよね。
その場合は、今以上にやりたいことが見つかったのでと言えば、それ以上の理由は聞かれることはあまりないでしょう。
ポイントとしては、あなたは本当のことを言わなくてもいいので、必ず理由を言う必要はないということです。

退職願を提出するタイミングは?

ここまで退職願を書き進めて、完成したら、いつ提出すればいいのか、タイミングが分からないという方もいらっしゃいますよね。

提出するタイミングとしては、1か月~2カ月前に出すようにすれば問題ありません。
3か月も半年も前から提出する必要はありませんが、1週間前や1日前などに出せば、上司の怒りを買っても文句は言えません。

あなたがやめれば当然仕事に穴が開くので、その仕事の引継ぎなどにも時間が必要ですので、1か月~2か月前には退職願を提出して、きちんと礼儀を分かっているできる人間を演出し、これはおしい人間だと思わせてやりましょう。

お勧めの封筒と用紙サイズを紹介

さて、退職願を書くにはどの用紙サイズが良いのか、そしてお勧めの封筒はあるのかという点も気になるところです。
なので、今回はお勧めの封筒と用紙サイズを紹介します。

まず、退職願を入れる封筒は白封筒とし、茶封筒は避けましょう。
茶封筒はビジネスの事務連絡等に使用されるものですので、白封筒を使用することがマナーです。

さらに、白封筒でも郵便番号欄を書く部分があるものは避けましょう。
退職願はポストに投函するものではないので、無地のものを選びましょう。

そして、用紙サイズは一般的にB5サイズを使われますが、特に規定はないので用紙サイズはA4サイズなどでも問題はないでしょう。

まとめ:退職願の書き方と出すタイミング

さて、どうでしたか?退職願はなぜ書くのかは知っていただけましたか。
そして、退職願の書き方はしっかりと知っておき、退職の理由も正直に書く必要はなく、一身上の都合で問題ないので、退職願を渡すとき上司に聞かれた場合だけ話しましょう。

また、その場合も正直に言うのも、お茶を濁すのもあなたの自由ですので、あまり深く考えなくても大丈夫ですよ。
そして、退職願を書くお勧めの用紙サイズと封筒でばっちりマナーを守り、気持ちよく退職をしてください。

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-b, 生活お役立ち
-,


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29