稼げるキーワードはライバルからパクろう!そんな極悪ツールを外注開発してみた

2016/10/07

このブログもそうですが、ブログで稼ごうと思った場合、アクセスの集まるキーワードで記事を書く必要があります。

これって当然なのですが、かなり大事なことです。

ただ、多くのブログアフィリエイターが、このキーワードリサーチが上手くできず、稼げないまま諦めてしまいます(もったいない)。

今回は、ブログアフィリエイトで稼ぐための「稼げるキーワードの見つけ方」について書いてみたいと思います。
キーワード選定の一般的なノウハウとかを、このブログでの事例をもとに紹介します。

そして、僕がなぜキーワードリサーチツールを開発したのか?
そのツールの極悪っぷりについても書きたいと思います。

鉄板の「季節ネタ」キーワード

例えば、以前このブログで「敬老の日のプレゼントはコレ!喜ばれる人気ランキングを紹介」という記事を書きました(というか外注さんが書きました)。
これはいわゆる「季節ネタ」といって、毎年ある時期にくるとアクセスが集まるキーワードで記事を書く手法です。

この記事は「敬老の日 プレゼント ランキング」の3語の複合キーワードで検索上位を狙っています。
で、このキーワードで上位表示をした場合のアクセス数は、去年の検索数を調べればある程度予想できます。

去年(2015年)は9月に「敬老の日 プレゼント ランキング」 で90500回検索されています。

keirou

 

ですので、今年もこのくらいは検索されるだろう、と予想が立ちます。
なので、こういうキーワードは簡単です。

需要のあるキーワードは見えているわけなので、あとはそのキーワードで、今上位表示している記事以上の記事を書けば良いだけですからね。

問題は未来の予測が難しいトレンドキーワード

ただ、毎年やって来るイベントや季節ネタではなく、突発的にアクセスを集めるキーワードもあります。

以前このブログで書いた「モヤさまの狩野恵里アナが卒業!次のアシスタントは誰?いつから交代?」という記事がそれに当たります(この記事は僕が書きました。結果的にアクセスはほとんど来ませんでしたが・・・)。

この「モヤさま 狩野アナ卒業」はいわゆるトレンドネタと言って、誰も予想しなかった突発的な出来事(ニュース)です。
誰も記事を書いていない生まれたてのキーワードなので、誰よりも早く記事を書けば、アクセスを総取り出来る可能性があります。

次に検索されるであろうキーワードを予測する

ただ、「狩野アナがモヤさま卒業を発表しました!」だけでは、大手のニュースサイトがこぞって扱っているため、勝てるはずがありません。
それらとは違った切り口で記事を書く必要があります。

基本的な考え方は、「それらのニュースを見た人が、次に何に気になって検索するか?」というのを先回りして記事にするんです。

例えば、先ほどの「狩野アナのモヤさま卒業」のニュースだったら、次にどんなキーワードで検索されるのでしょう。

「モヤさま 狩野アナ卒業 原因」で検索されるか?
「モヤさま 狩野アナ卒業 次は誰」で検索されるか?
「モヤさま 狩野アナ 今後の活動」で検索されるか?

これらは、はっきり言って誰も分かりません。
書いてみて初めて答えが分かることがほとんどです。

なので、ひたすら記事を書いて、経験から精度を高めていくしかないのですよ。

で、トレンドアフィリエイトで稼げない人のほとんどは、ここで脱落していきます。
「アクセスの集まるキーワードが分からないっす〜」って。

でも、ここで諦めたら試合終了です。

と、昔の偉人(安西先生)が言っていました。

なので、頑張ってひたすら記事を書いて経験を積みましょう!

・・・でも、そんな赤木(ゴリ)ばりの気合を持った人って中々いないですよね。
出来れば楽してアクセスの集まるキーワードを知りたい。

そこで僕は気がついたんです。
別にYahoo!ニュースやらTwitterやらとにらめっこする必要なんてないんじゃないか、と。

アクセスが集まるであろうキーワードを簡単に見つける方法
それは・・・

稼いでいる(であろう)ブログからパクればいい。

これです。

つまり、ライバルブログが書いた記事のキーワードをパクって、自分も同じキーワードで書けばいいってことです。

ライバルブログといっても、立ち上げたばかりのブログとかはダメですよ。
少なくとも半年以上は記事を更新し続けているブログであれば、稼いでいる(であろう)ブログと言えると思います。

そういった、稼いでいる(であろう)ブログはキーワード選定にも慣れているので、アクセスが集まるキーワードを狙えている場合が多いです。

それらをパクるんです

・・・こう書くと、何かいけないことをしているようですが、記事内容をコピペするわけではないので全く問題ありません。
キーワードを参考にさせてもらって、そこから自分なりの記事を書くだけです。

ただ、こんな疑問を持つ人がいると思います。

「でも、ライバルが書いた後では遅いんじゃ・・・」

確かに超短期のトレンドキーワードとかはダメです。

例えば「小倉優子の旦那が不倫!相手の馬越幸子の画像は?」みたいな記事を参考にしたとして、同じ切り口で記事を書いたとしても、おそらくアクセスはこないでしょう。
なぜなら、これは2〜3日でアクセスがなくなる超短期のトレンドキーワードだからです。

ライバルブログが書いた後で、記事を書いても「時すでに遅し」です。

なので、こういった超短期のキーワードではなく、ある程度中期的にアクセスの集まる記事を参考にしましょう
もちろん、トレンドブログだけではなく、先ほど説明した季節ネタのキーワードでも、このパクリ戦略は使えます。
(というか、季節ネタのようなキーワードの方が使える気もします)

 

ライバルブログからキーワードをパクる手順

ここで、僕が普段、どのようにライバルブログからキーワードをパクっているのかを具体的に解説します。

  1. 半年以上運営されていて、今でも定期的に記事が更新されているブログを探します。
  2. それらをひたすらブックマークしていきます。
  3. 定期的にブログを確認して新しい記事をチェックします。
  4. 記事タイトルから狙っているキーワードを予測します。
  5. そのキーワードでライバルがどれくらいいるのかをリサーチします。

このような感じでキーワードをパクっています。

ただ、これだと複数のブログをいちいちチェックしないと行けないし、ライバルリサーチも面倒です。
元来が面倒くさがりな性格なので、これすら面倒なんですよね。

なので、これらの作業をやってくれるツールを探しました。
リサーチ系のツールって結構出ているので、あるんじゃないかと色々探したんですが、結局見つけることが出来ませんでした。

ただ、どうしても諦めることが出来なかったので、

「無いなら、自分で作ればいいじゃないか」

・・・と、自分を無理やり奮い立たせて、自分でツールを開発することにしました。

仕様的には次のものがあれば十分だと考えました。

  • ライバルブログを登録し、記事更新を自動でチェック
  • 記事タイトルからキーワードを抜き出してくれる
  • そのキーワードを狙っているブログがどれほどあるかチェックしてくれる

これらを自動でやってくれるツールがあれば、かなりキーワードリサーチが効率化される。

そんな気がするのですが、ただ問題が。
それは、僕には、

プログラミングのスキルが皆無です。

・・・そうです。

僕にツールを開発するようなプログラミングのスキルなんて無いんです。

偉そうにツールについて語ってきましたが、それを作り出す能力が僕にはありません。
ただ、インターネットがこれほど普及した世の中に、不可能なことはほとんどなくなってきました。

 

自分に出来ないことは、出来る人に頼めばいい

インターネットを使って、このツールを開発出来る人を募集すればいいんです。
つまり、外注化すれば、僕にプログラミングのスキルがあろうがなかろうが関係無いってことです。

自分にできないことを外注さんにお願いできるようになると、一気に仕事の効率も上がってきます。
だって、もし自分でツールを開発しようとしたら、一からプログラミングの勉強をしないといけないですからね。

その時間を、お金を出して買ったイメージです。
そして、そのお金について少し問題が出てきました。

 

予算は10万円。・・・のはずが。

なんとか、外注募集サイトでツールの開発者と契約することが出来ました。
そして、直接やりとりするなかで、予算について全然足りないことに気づいたんです。

当初、予算は10万円に設定していました。
ツール開発を外注さんにお願いするのは初めてだったので、全く相場が分からずに適当に設定していました。

ただ、ツール開発者の方が言うには、最低でも20万円はいる、とのこと。
「・・・急に倍に跳ね上がった。どうしよう」と思いましたが、今更後には引けません。

なので、急遽予算をかき集めて20万円を準備することが出来ました。
まぁ、ツールを開発するっていうのはお金がかかるっていうことが分かりました。

 

結局、かなりいい感じのツールが完成しました。

そんな、20万円つぎこんだ「ライバルブログからキーワードをパクる非道徳ツール」ですが、結果的にかなりいい感じのものが出来上がりました。

非常にシンプルで使い易い。
しかも、自動でブログタイトルからキーワードを抜き取ってくれるので、かなり時間の効率にもなります。

自画自賛ですが、作って良かったと思います。

開発したツールの仕様をザックリ紹介

せっかくなので、開発したツールを簡単に紹介します。

このツールは1画面を3つのエリアで表示しています。
下のように「ブログ管理エリア」「記事表示エリア」「キーワード調査エリア」の3つです。

P07

まずは、一番左の「ブログ管理エリア」にキーワードを抜き取りたいブログのURLを追加します。
カテゴリも登録できるようにしたので、何十個ブログが増えても管理が簡単です。

P10

 

登録したブログの最新記事が、真ん中のエリアへ自動で表示されるようになります。

P13

 

この中から、例えば1つ記事を選択したとします。
そうすると、一番右の「キーワード調査エリア」に記事の解析結果が表示されます。

 

P14

 

この記事の解析結果は次のようになっています。

 

P15


①記事のタイトルが表示され、クリックすると記事ページへ移動します。
②記事タイトルから予想される狙っているキーワードが表示されます。
③チェックを入れたキーワードで、このブログが何位にいるのかを表示します。
④チェックを入れたキーワードがタイトルに全て含まれたブログが、10位以内に何個あるかを表示します。

このように、その記事が狙ってるキーワードとそのブログの現在の順位とライバルの強さが解析できます。

今回の例で言うと、「スキャンダル」「斎藤」「由貴」で検索した場合、このブログ自体は4位に位置していて、上記のキーワードを全て含むブログは2個存在する、ということです。

 

まとめ:キーワード抜き取りツール開発の記録

ということで、キーワードツールを開発するまでの思いや経緯を書いてきました。

「外注なんて自分にはムリ!ましてやツールなんて!!」と思っている方に、少しでも勇気を与えられたら嬉しいです。
外注を利用することは難しく無いですし、自分には絶対に作れないツールだって作れてしまいます。

外注さんをうまく活用できれば、未来の可能性がどんどん広がっていきますね。
次はスマホアプリでも開発しようかな(外注使って)。

その時は、またこのブログでお伝えしますのでお楽しみに。

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-ネットビジネス
-,


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29