狙ったキーワードで上位表示。トレンドブログのニッチキーワード戦略とは?

2016/10/06

%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

「ブログアフィリエイトで稼ぐために大事なことは?」

と聞かれることが、たまにあります。
このブログの読者さんからも、このような質問を受けたりもします。

そんな時、僕は即答で「トレンドブログはキーワード選定が命!」と答えます。

トレンドアフィリエイトでもサイトアフィリエイトでも実践している人なら分かると思いますが、「キーワード選定」さえしっかり出来ればアクセスを集めることはそんなに難しいことではないです。

例え、その記事があまり面白くなかったとしても、アクセスは集まります(長期的に見れば段々下がってくるでしょうが・・・)。

最初の段階では、記事の良し悪しはGoogleに判断できませんから。

まさに、「リバウンドを〜」ではなく、「キーワード選定を極めるものはブログアフィリを極める」と言った感じです。
(あくまで、大前提の話であって長期的に考えれば記事内容は重要です。)

ですが、やっぱりこれが中々難しかったりするんですよね。
狙ったキーワードで上位表示が出来ないとへこんだりします。

ということで、今回は狙ったキーワードで上位表示させるためのニッチキーワード戦略について解説します。

ビッグキーワードで上位表示させることの難しさ

通常、トレンドアフィリエイトでもなんでもそうですが、ブログを立ち上げる時にキーワードを決めてから立ち上げますよね?

キーワードを決めずにブログを立ち上げるなんて、バットを持たずにバッターボックスに入るようなものなので、単なるマヌケです。

で、そのキーワードを決める時に重要なのが「どれだけ検索されているか?」というものです。
当然ですが、いくら良い記事が書けたとしても、そのキーワードに需要がなければアクセスはくるはずがありません。

砂漠の真ん中で日焼けサロンを開店するようなものです。

なので、まずはキーワードプランナーなどで月間検索ボリュームを調べます。
そして、例えば1万回検索されていると判明した段階で、そのキーワードを狙ったブログを立ち上げる、といったステップになります。

ただ、そういったキーワードっていうのは大体が既にライバルが狙っていたりするんですよね。
まだ個人のアフィリエイターなら勝てる見込みもあるのですが、企業が数百記事レベルをブチ込んでいるブログなんかもあったりして、さすがにそこでは勝負できません。

「ニッチ≠トレンド」という概念

なので、そういったライバルの多い既存キーワードを避けて、新しく世の中に出てきたキーワードで上位表示させるのがトレンドアフィリエイトの手法です。

これなら、当然ライバルもいないので誰よりも早く記事を書いてしまえば、上位表示するのは当然のこと。
でもどうしても、トレンドアフィリエイトは時間との勝負になってくるので、長期的に見れば必ず後からライバルも参入してきます。

一瞬の売り抜けなら問題ないですが、長期的に〜となると常に記事更新が必要なので厳しかったりします。

そこで、オススメなのがニッチキーワード戦略です。

よく、「トレンドとニッチは一緒でしょ?」という人がいますが、全然違います。
トレンドキーワードは、さっき説明したように新しく世に出てアクセスが集まるであろうキーワードです。

それに対して、ニッチキーワードは既に存在しているけれど、誰もそこに目を向けていないキーワードです。

ここを狙っていくのがニッチキーワード戦略です。

アクセスを集めるニッチキーワード戦略とは?

では、具体的なニッチキーワード戦略についての説明ですが、簡単に言えばマニアックなキーワードを探していきそれをブログ記事にするってことです。

例えば、AKB48っていうキーワードは超ビックキーワードですよね?
それを狙っていっても、超レッドオーシャンなので上位表示は難しいでしょう。
月に200万回近く検索されてますからね。

ただ、AKB48をもうちょっと具体化するとどうでしょう?

AKB総選挙2015で1位の「指原莉乃」では?と考えると、確かに検索回数は減りますが、それでも100万回検索されていて、やっぱりライバルが多すぎます。

じゃあ、もっと下の方をってことで、75位の「大和田南那」ならどうでしょう。
ググッと検索回数も少なくなって、実際に検索してもライバルらしいライバルはいなさそうです。

なので、例えばこの「大和田南那」の特化型ブログを立ち上げて上位表示させる手法がニッチキーワード戦略です。

ニッチキーワード戦略のメリットとは?

では、このニッチキーワードを狙いメリットって一体なんでしょう?

当然ですが、ライバルがいなくなるので上位表示させやすくなりますよね?
あと、このようなニッチキーワードって濃い読者が集まってくるので、アフィリエイトで商品が成約しやすかったりします。

例えば、「AKB」で集めた読者に「大和田南那関連のグッズはこちら」って誘導しても、あまり響かないと思うんですが、「大和田南那」で集めた読者だったら彼女に興味のある人しかいないはずなんで、当然クリックされやすくなります。

なので、アクセス自体は少なくなりますが効率良く稼げるのが、このニッチキーワード戦略のメリットです。

あと、トレンドアフィリエイトとの違いとして、既に存在しているキーワードだから、上位表示した時のアクセス数の予測も立てやすいです。
トレンドキーワードは、今後検索されるであろうキーワードなので、ある意味ギャンブル的要素が強いんですよね。

まとめ:トレンドブログのニッチキーワード戦略

ということで、今回は「ニッチキーワード戦略」について解説をしてきました。

キーワード選定っていうと、どうしても大量のアクセスを求めがちですが、しっかりとキャッシュポイントさえ押さえておけば、アクセスの少ないニッチキーワードでも稼ぐことが可能だってことです。

ブログアフィリエイト実践していて、「なかなか上位表示できない!」ってう人は一度試してみてはいかがでしょうか。

LINE@

追伸:LINE@で記事の更新情報を配信中

記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ管理人の伊藤です(プロフィールはこちら)。

現在、僕の記事を少しでも気に入ってもらえた方を、LINE@へご招待しています。

LINE@では、「記事の更新情報」「ブログの裏話し」などを配信しています。

さらに、登録してくれた方には、僕が「たった23記事のディズニーブログで、50万円稼いだ方法」をまとめたレポートをプレゼントしています。
自動返信メッセージからお受け取りください。

line-yubi

登録方法は、上のボタンをポチッと押すか、ID検索@itodaiで検索してみてください。

もちろん、僕への質問や感想メッセージなどもお待ちしています。

ちなみにLINE@とは?

1対多数でLINEメッセージのやりとりが出来る、次世代の情報共有アプリです。

LINEアカウントを持っていれば友達登録可能ですし、もちろんいつでも解除(ブロック)可能ですのでお気軽にどうぞ。

LINE@の詳しい内容はこちらの記事にまとめましたので、ご覧ください。

LINE@でブログの裏情報を配信中!LINE@の活用方法を解説

アドセンス

 


スポンサードリンク

-トレンドブログ
-,


Fatal error: Call to undefined function is_mobile() in /home/dsk1166/gossip-navi.com/public_html/wp-content/themes/stingerplus/footer.php on line 29